ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ジャッキーのクリスマス」 みんなの声

ジャッキーのクリスマス 絵:あだち なみ
文:あいはら ひろゆき
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年11月01日
ISBN:9784893095510
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,901
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 泣きました・・・。

    ジャッキーといえば、いつも楽しくて愉快な

    お話が多いので、その感覚で読みましたが、

    読みながら何度も鼻がツーンとなり、

    とうとう泣きながら読み聞かせをしてしまいました。

    ジャッキーがサンタさんと慕うおじいさんを

    思いやる気持ち。

    そのおじいさんがジャッキーを亡き女の子を

    忘れられない気持ち。

    さらにジャッキーに向けるやさしさ。

    すべてが積み重なり、胸が締め付けられるような

    お話でした。

    でもただ悲しいだけではありませんので

    それぞれの立場になって読んでほしいと思います。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほっこりします

    くまの学校シリーズのジャッキーは、孫も大好きですが、久しぶりに読みました。やっぱり、ジャッキーの優しさや、思いやり、可愛さに読んでいても癒されます。とても素敵なクリスマスを過ごせてよかったねって読んでいてもほっこりします。癒される絵本です!

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人向けです。

    息子が5歳のクリスマスの頃に読みました。
    ジャッキーのシリーズは大好きなので、
    あらすじをチェックせずにいきなり読み始めて、
    しまった、となりました。ちょっと違うかな。
    大人向けの悲しいお話でした。

    子どもはクリスマスが大好き。
    楽しみで楽しみで仕方のないクリスマス。
    小さい子どもには、この悲しいお話は興味をもてないし、
    それ以上に意味を理解できていないようでした。

    もし、このお話をよいと思えるとしたら大人でしょうね。
    私は絵本は子どものために読んでいるので、
    星少なくてすみません。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとせつない

    クリスマスの教会で、お兄ちゃんたちといっしょに歌うジャッキー。ページをめくるたびにおしゃれでかわいいジャッキーたちや小物などが登場し、絵がとてもかわいらしいです。一方で、亡くなった女の子を思うおじいさんの切ない気持ちにそっと寄り添うジャッキーの姿が描かれていて、読んでいるこちらも切ない気持ちになりました。最後はハッピーエンドでよかったです。結局、おじいさんはサンタクロースだったのかしら・・・?

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる クリスマス絵本です!

    絵本ナビを利用するようになって、
    クーポンやポイントを使うのに
    グッズを見ていて
    クリスマス柄のトートバッグを衝動買いしました。

    この大きさの黒いトートバッグなら
    私でも使い勝手が良いし。。

    そこから逆に
    この「ジャッキーのクリスマス」を図書館で借りてきました。

    くまの絵本は大好きなのに
    くまのがっこうシリーズは読んだことがなかったのですが、
    どのページも絵がすてきで、
    クリスマスのストーリーは
    心温まる内容です。

    トートバッグの絵柄と全く同じページもありました。

    くまのがっこうシリーズは
    たくさん出ているようなので、
    全部読んでみたくなりました。

    掲載日:2015/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待望のジャッキーのクリスマス絵本です!
    読み始めると、…悲しいお話なのかな?と思いましたが、ジャッキーはとってもやさしい女の子ですね。

    長くて白いふさふさのひげを生やした、くまのおじいさんは、サンタさん?
    ジャッキーとおじいさんの心のふれあいは、なんだかくすぐったくて懐かしい気持ちになりました。

    サンタさんらしいサンタさんは出てこないけど、クリスマスの優しさと楽しさが詰まった、心温まるお話です。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラズベリーの降る空

    6歳の娘が大好きな「くまのがっこうシリーズ」のクリスマス絵本ということで楽しみにしていました。実は他のシリーズの絵本のように、かわいくて楽しいお話を想像していたのですが、予想に反し、ちょっぴり切ないストーリーでした。
    でも楽しいパーティの様子や、クリスマスらしいキラキラとした景色は、他のシリーズの絵本と同様にとっても素敵。子供たちも、ラズベリーが空から降ってくる場面では、目を輝かせて喜んでいました。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まるクリスマスのお話ですね

    クリスマスの日に一人のおじいさんと出会ったジャッキー。孫娘が亡くなって以来ケーキを作らなくなってしまったという悲しい過去のあるおじいさんのためにジャッキーがケーキを作るこのお話はジャッキーの優しさとおじいさんとの係わり合いが心温まるクリスマスのお話でした。
    軽快で明るいお話も多いくまのがっこうですが、このジャッキーのクリスマスは子供よりも大人の方がジーンときてしまいそうです。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かいクリスマス

    いつもは、3歳の次女が好きな「くまのがっこう」シリーズです。
    なので、次女に読むつもりで借りてきましたが、こちらは少し長めで、繊細な心の動きがあったりと、7歳の長女のほうが合っていた内容だったと思います。
    絵もかわいくて、綺麗です。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな1日

    まちにまった、くまのがっこうシリーズの新作!
    今回は、いつもと感じや雰囲気が違うように思いました。

    ストーリーは、しんみりする部分が多かったのですが…。
    そこは、さっすがジャッキー!!
    何倍もの大きな幸せにしてくれました。

    偶然の出会いが、おじいさんもジャッキーもおにいちゃんたちも幸せにして。
    そして、読む私たちも幸せにしてくれる。

    読んだあとは、心がほっこり。
    クリスマスでなくても、誰かに幸せを届けたくなる1冊です。

    掲載日:2012/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット