うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ゆめたまご」 みんなの声

ゆめたまご 作・絵:たかの もも
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年11月15日
ISBN:9784577040607
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,028
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 願いの行き先

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    エキゾチックな絵が印象的ですが、日本人作家さんの作品です。
    独・仏から逆輸入というのも、わかる気がします。
    怖い夢を見たこのみは、その夢と引き換えに「ゆめたまご」をもらうのです。
    願いが叶うという「ゆめたまご」ですが、どうやって?
    このみは願いを思い描きながら、その方法を試行錯誤するのです。
    そしてついに、不思議なことがおこります。
    ラストは静かな余韻が残ります。
    夢から始まり、夢へと続く、不思議な世界。
    読者の感性との共同作業で作品が出来上がるのでは、と思いました。
    スタイリッシュな絵は大人にとっても魅力的だと思います。
    子どもにとっても、自分がこのみだったら、と想像力をかきたてられると思います。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 神秘的で不思議な雰囲気

    神秘的で不思議な雰囲気の挿し絵に惹かれて手に取りました。
    主人公の女の子が、怖い夢と引き換えに黒い帽子のおじさんにもらったのは「ゆめたまご」。大切に育てれば願いが叶うときいて、女の子は大事に卵を温めます。
    怖い夢ときいて、ちょっと恐る恐る読み進めたのですが、夢のあるストーリーでした。
    子どもよりも大人女子に好まれるテイストだと思います。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンタジックな絵本!

    とても落ち着いてダークな色合いの絵なのですが,お話の内容はとてもファンタジックな絵本でした。
    絵本の最後も問いかけのようなカタチで終わり,読み手に色々想像させるような終わり方です。
    親である大人の私が読みましたが,子供と一緒に読んだら,「私はこういうお願い事にする!」「ママはこんなお願い事にする!」「今度はたまごはこんなふうになってこんな事が起こるんじゃない?」なんて話題が盛り沢山になっただろうな〜と思いながら読みました。
    想像力を膨らませる絵本だと思います。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実とかけ離れたところに

    すこし怖いような、神秘的なイラストです。
    いつか夢で見たような、そんな風景・・・。

    現実とかけ離れたところに、こんな世界があるのかもしれません。

    細部まで丁寧に描かれたイラストと
    その不思議な内容は
    他の絵本にはない魅力だと思います。

    文字が多めなので、
    ある程度絵本に慣れているお子さん向けかもしれません。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見るゆめと叶うゆめ

    海外作家さんのような雰囲気でとても好きです。
    細かい所までうっとりしてしまいます。

    ストーリーも不思議に始まり、不思議に終わります。
    色んな動物も出てきます。奇妙でメルヘンなお話です。

    こわい夢と引き換えに願いを叶えてくれるゆめたまご。
    女の子の願いはどれも可愛らしいものなんですが、絵は大胆な構成で表現されています。
    妖笑する彼女の頭の中はきっとこんな感じだろう、と思いました。

    どんな願いごとが叶ったのか?と最後まで予想できませんでしたが、まさかそうくるとは…!

    夜に目覚めてしまったこのみの頭の上にいる、林檎を持った魔女が可愛らしくて好きです。
    持ってるのは白雪姫にあげる毒林檎かな?
    このみのこわーい夢に出てきたんでしょうね。

    芸術性も高く、画集のようです。
    手元に置いておきたい一冊です。

    掲載日:2013/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢を育てる

    怖い夢の代わりにもらった夢の卵。
    このみちゃんは夢の卵に夢見ていたけれど、夢を見ているだけは夢はかなわないのですね。
    このみちゃんが夢の卵を土に埋めたら、卵が芽を出しました。
    このみちゃんは夢の木を育てます。
    夢は育てるものなのですね。
    とてもファンタジックなお話。
    夢は育てればどんどん大きくなっていきます。

    でも、怖い夢は育てたくないから、僕にも夢の卵をください。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストの芸術性

    5歳児に読みました
    まずイラストの芸術性に目が惹かれる作品です
    日本の作家ですが咲きに海外でデビューした逆輸入的な絵本ですね〜
    5歳児の目は鋭く、イラストの中でたまぎに書かれた文字の意味をすごく気にしたり、ハンプティダンプティみたいなおじさんを「ゆめたまご」という名前なのかと思っていたようです
    でもストーリーが進んでいくと徐々にゆめたまごの意味を理解して、物語を飲み込んでいったようです
    ラストは子どもたちにとったら意外な終わり方だったようですね・・・
    でもそこからきっと子どもたち自身の想像力が働いていくのではないかな・・・
    そんな気がします
    見ているだけでもその芸術性に癒されるので大人にもお勧めです

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢かうつつか?

    怖い夢を見て真夜中に目を覚ましたこのみ。
    夢の続きを見るのが怖くて眠れずにいると、誰かが窓を叩きました。
    そこにいたのは、バクに乗った卵のようなおじさんでした。
    「君の夢をバクに食べさせてやってくれないかい?お礼に願い事をかなえるゆめたまごをあげよう」
    不思議なたまごをもらったこのみは…?

    なんとも幻想的なお話でした。
    落ち着いたダークな色合いの絵が、不思議なお話を引き立てています。
    たまごの孵し方を知らなかったこのみですが、その一生懸命な思いが実を結んだんでしょうね。
    最後に実ったたまごは、一体何が孵るのでしょうか?

    これが現実なのか、はたまた夢の続きなのか、読み終わってからも不思議な余韻が残る一冊でした。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケーキ

    タイトルはちょっと夢がみれるけれど、表紙の絵からしてちょっと不気味な怖い感じの絵です。後半は、暗い感じからちょっと明るくなったし、希望がわいてきたのでほっとしました。食べきれないほどの大きなケーキをお願いしようかなって思う気持ちは同感でした。ゆめたまごの
    実が全部かえった後は、たくさんのケーキでびっくり、びっくりでした。ゆめの中の出来事なのでしょうか?夢みたいなお話でした。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女子の夢

     こってり深みのある絵に、見入ってしまいます。色あいも落ち着いていて、ヨーロッパぽいなと思いました。
     玉子から木が育っていく場面がおもしろかったです。大きな「花の木」も幻想的ですてきです。やっぱり、女子の夢はケーキとお花なんですね。いろいろな動物たちも、不思議な存在感があります。

     読み終わると、余韻が残ります。独特のタッチが新鮮でした。

    掲載日:2013/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット