もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

妖怪泥棒」 みんなの声

妖怪泥棒 作:高橋 由太
出版社:幻冬舎
本体価格:\495+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784344418769
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やや残酷な風習まで学べます

    寺子屋の師匠、伸吉は気弱でこんにゃくのよう。でも、豪快なおばあさんが亡くなって、妖怪と幽霊がたくさん出てくる。美少女幽霊の小風、やた丸、猫骸骨、守銭奴のがめつい少女幽霊、信長、閻魔。

    少女幽霊の守銭奴ぶりがたくましくて私好みです。いつも相談に乗ると称してお金を取り上げて、猫骸骨や伸吉に仕事を押し付けお金を渡さない、9歳。実際にいたら頼りになりそう、、、(味方だったら)。幽霊たちに頼りながらも伸吉が成長していく姿がなかなか良いのですが、今回は放火犯を見つけて止めるのが使命。なんとか今回は犯人がわかりますが、結構意外な犯人です。行方不明の千代の正体も意外!そして、放火のために猫を使う赤猫という風習は初めて知ったのですごく残酷なやり方があったんだなあと思いました。八百屋お七の話とかも創作が入っていますが興味深く読めます。小学校中学年くらいから。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット