雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

つるのおんがえし」 みんなの声

つるのおんがえし 文:石崎 洋司
絵:水口 理恵子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784061325340
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,109
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 切なさでいっぱいです

    つるを助けた心優しい男が、可哀想で可哀想で仕方ありませんでした。
    貧しくても、二人は幸せだったのに…

    お互いを思いやる心が切なくて、胸がきゅーっとなりました。

    そして殿様の無茶な命令にも嫌な顔ひとつせず、はたを織り続ける健気なつるに、また胸が締め付けられ…

    最後、飛び去っていくつるを呆然と立ち尽くしながら見つめている男の姿が、美しくてとても印象的でした。

    決してハッピーエンドではないけれど、優しさが溢れる作品だと思いました。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語の魅力を存分に

    誰もが知っているであろう、「つるのおんがえし」。

    子どもの頃は、この物語を聞くたびに
    なんとも切ない気持ちになりましたが

    こうして再び読んでみると
    情緒溢れる、素敵な作品だと思いました。

    冒頭から結末までのすべてが、
    日本ならではの構成だと思います。

    この絵本は、シンプルながら美しいイラストで
    物語の魅力を存分に伝えています。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもとても美しい作品です

    『つるのおんがえし』は小さい頃から
    何度も読んでいますが、ここまで美しい鶴に
    出会ったのは初めてです。

    絵本の世界から飛び出してきそうなほど、
    立派で美しい鶴にとても感動しました。

    どこからか<羽の音>と<鳴き声>が
    聞こえてくるような感じでした。

    2歳の娘も最後まで真剣にお話を聞き、
    最後はかわいらしく「鶴さん、バイバイ」と
    手を振っていました♪

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵にちゅうもく

    「つるのおんがえし」はお話は知っていましたが、絵本で読むのははじめてでした。絵がぜんぶ、とてもきれいでした。とくにきれいだったのは、はじめのページの赤い空につるがとんでいるところです。つるがはたおりをしてつくったおりもののもようがとても気に入りました。
    よくばりなとのさまが出てくるお話をはじめて読みました。今まで読んだお話では、やさしいとのさまや、あたまのいいとのさまや、いばらないとのさまでした。よくばりな人はさいごには負けるお話だと思っていたのに、そうではなかったので、ふしぎでした。
    「とんとんからり とんからり」と読むと、本当にとなりのへやで、つるがはたをおっているみたいな気がしました。本もののつるは見たことがないので、つるが人間くらい大きいということをはじめて知りました。ほんもののつるを見たくなりました。 
    もうひとつのおはなし「ふるやのもり」は、ほかの絵本で知っていました。おおかみがかくれているばしょがちがっていました。わたしがよんだ絵本より、かわいい絵でした。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで見ちゃいけないの?

    今まで「つるのおんがえし」のおはなしを、頭の中でイメージしていたのは、白黒の景色だけでした。でも、この絵本を読んで、「私が想像していた景色に色がつくと、こんな感じなんだ」と感動。美しくもはかなく、静かで冷たい風景がそこにあります。
    この絵本ではじめて「つるのおんがえし」を知った5歳の娘がこれから思い描くのはこの挿絵のこの景色なのかな?と思うと、感慨深いものがありました。そしてうらやましくもあります。鶴と男が出会う場面の朝焼け、雪が舞う景色、鶴が織る反物。そして覗かれてしまった鶴の姿。どれもこれも息をのむほど美しいものでした。
    読み終わると娘は、「なんで見ちゃいけないの?」と聞いてきました。確かに鶴のことを心配して覗いただけなのに。と私も小さいときに思っていた疑問でしたが、その答えがきちんと巻末で解説されていたのもうれしかったです。
    昔話は必ず子どもを夢中にしますが、このシリーズはどの絵本も、大人に新しい感動を与えてくれます。これからも親子で何度も楽しみたいと思っています。

    掲載日:2012/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない・・・正統派の昔話

    表紙がとっても美しいので読むのを楽しみにしていました。
    中を開いたら、もっともっと美しく叙情的な絵にノックダウンしてしまいました。美し過ぎます!!!

    お話も絵もとても丁寧で正統派で、これ以上何もいうことはないと思いました。
    若者の優しさ、娘のつつましさ、そして殿様の傲慢さ。
    若者が中をのぞいてしまった理由も、
    好奇心からではなく娘を思いやる気持ちからだったという所がますます切なさを倍増させました。
    なんて切ないお話なんでしょう・・・。
    唯一ツッコミをいれるとしたら、若者の顔がSMAPの草なぎくんに似ているという点でしょうか?

    普段はおもしろ可笑しいお話を好む我が家ですが、
    時にはこんな切なく正統派なお話も大事だなと思いました。

    おはなしもうひとつ『ふるやのもり』は、
    とってもわかりやすく、シンプルに楽しめました。

    裏表紙の絵も切なくて心がギュッとなります。
    切ないけれど、何度も何度も読みたくなる一冊でした。
    優しさゆえの切なさは、心を惹きつけられますね。

    大人にも子供にも読んでもらいたいと思いました。
    自信を持ってお薦めします!

    掲載日:2012/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないお話しでした

    綺麗な絵と、素敵なストーリーです。でも、2歳には、まだ少し難しかったようです。途中で飽きてしまいました。やはり、つるの恩返しのストーリーを理解できるようになる5.6歳向きなのかもしれませんね。読む方としては、しっとりと落ち着いて読める感じが好きです。もう少し大きくなったら、また読んであげたいと思います。

    掲載日:2012/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番のお話

    数ある昔話の中でも、定番と言えるくらいに有名なお話だと思います。
    お話のあらすじは、誰でも知っているからこそ、改めて読むときの感動があると思います。
    絵もきれいなので、オススメできます。
    おまけのお話は、初めて読みましたが、良かったです。

    掲載日:2012/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が見事

    私が知っている『つるのおんがえし』は老夫婦の話だったのですが、色々なバージョンがあるのですね。

    そして私が子供の頃に読んだ絵本は、こんなに切ない内容なのにギラギラした明るい絵でした。この絵本は古くささはまったく感じさせずに昔の日本を見事に描いているように思います。

    息子は、「鶴は痛くないのかな?」との感想でした。子供から見ると、娘が本当は鶴だったというのが一番の関心事なのでしょうが、心配でたまらない男の気持ちや、別れの辛さを感じるにはもう少し時間が必要なのかもしれません。

    細かいことですが、「むすめ」が男のお嫁さんになったのに、ずっと「むすめ」という表現なのは違和感を感じました。

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の人の気持ち

    「つるのおんがえし」といえば、てっきりおじいさんとおばあさんが出てくるものだと思っていましたが、この作品は違いました。

    最初は約束を守っていた男の人でしたが、さすがに七日七晩飲まず食わずで機を織り続けているのですから、心配にならないはずがありません。
    その心情が丁寧に描かれていて、単に「約束を破らなかったからいけなかったのだ」というには切なすぎるお話でした。

    挿絵も、もの悲しいお話にピッタリの美しい絵だと思います。

    最後の「ふるやのもり」、実は私が大好きな昔話なので、今回このお話メインの絵本がなかったのが残念でしたが、やはり面白いお話で楽しめました。

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのおきゃくさま / ねないこ だれだ / なにをたべてきたの? / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット