ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ハリーびょういんにいく」 みんなの声

ハリーびょういんにいく 作:メアリー・チャルマーズ
訳:おびか ゆうこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784834027266
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「ハリーびょういんにいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な暖かな絵本

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。

    子猫のハリーが、ドアでしっぽをはさんで
    ケガをしてしまいます。

    不安を抱えながら病院へ。
    でも勇気を出して診察を受けたこと、
    やさしいお医者さんに治療してもらえたことが
    ハリーを一回り大きく成長させます。

    この絵本はとっても不思議です。
    何が不思議か最初はよくわからなかったのですが、
    まず、ネコや犬の動物たちが二足歩行。
    ハリーとハリーのママが病院にいく姿は、
    人間の親子と全く同じ。
    二足歩行でしゃべる動物たちと、
    人間たちとの共存が自然に描かれています。

    もうひとつは、色があまりない。
    表紙のオレンジの色と、あとは全部、白黒。
    白黒の中にところどころ映えるオレンジが、
    印象深くてキレイです。
    いろんな色を使わなくても、十分伝わってくる、
    場面、場面のあたたかさ。
    一冊の絵本に、必ずしも色はたくさん必要ないことを
    改めて感じました。

    娘はとっても気に入って、何度も何度も読んでいます。
    3歳児にも、色のないよさが、分かるのですね。
    私にも新しい発見をくれた一冊でした。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 持ち歩いたら重宝するかも

    私と息子がよく知っているのは、どろんこハリー。でもこのお話の「ハリー」は、犬ではなくこねこでした。
    ドアにしっぽをはさんでしまったこねこのハリーが、おかあさんに引っ張られて病院へ行きます。病院の待合室には、順番を待つ患者さんたちでいっぱい。ハリーは周りが気になって気になって、いろいろと聞いて回ります。
    「病院はこわいから行きたくない」とごねるところ。色々周りが気になって、そっとそばに寄っていくところ。診察が終わったら「ぼく、病院に行ってきたんだ!」と自慢するところなど、ハリーの行動が、3歳の息子の行動そのもので笑ってしまいました。息子もハリーにとっても共感したようで、何度も何度も「もう一回」とリクエストしてくれました。
    病院の待ち時間などに小さい子に読んであげたら、きっと勇気をもらうはず。手のひらサイズの絵本なので、かばんに忍ばせて持ち歩くと重宝するかもしれません。

    掲載日:2013/01/28

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット