だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かえでの葉っぱ」 みんなの声

かえでの葉っぱ 文:デイジー・ムラースコヴァー
訳:関沢明子
絵:出久根 育
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784652041253
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『ペンキや』で出久根さんの絵にほれ込み、

    この絵本の表紙の美しさに心打たれて手に取りました。

    一枚の美しい金色のかえでの葉(片方のふちがピンク色というオシャレさん)が、

    遠く遠くへ行きたいと願い、

    優しい少年や、ツバメに出会って、

    畑や草原を飛んで川に流れて、

    そしてだんだんと枯れ葉になって、

    空の星を見上げて歌って、

    最後はかえでを遠くへ飛ばしてくれた少年の焚き火の葉となります。


     だれでも焚き火のそばでは幸せになるのです。
     
     なぜかはわかりませんが、そうなのです。


    ラストのこの言葉の意味を考えながら、

    もう一度絵本を読み返してみて、

    確かにそうだなぁとしみじみしてしまいました。

    焚き火には、

    枯葉や乾いた小枝を使います。

    その一枚一枚、ひと枝ひと枝には、

    焚き火をするその時まで、

    それぞれの人生があったのです。

    落ち葉になるまで、たくさんのものと出会い、

    もしかしたら、この絵本の美しいかえでの葉のように、

    風を感じ、空を見上げ、歌ったのかもしれません。

    かえでの葉が言うように、

    かつてはきれいな緑色だったり、きれいなつぼみだったのかもしれません。



    そう思いながら焚き火を見つめると、

    なんだか心まで暖かくなる気がします。


    絵画のように美しい絵があるだけでなく、

    詩のような言葉が一冊の本の中に広がっています。

    ずっと手元において、飾って、何度でも読み返したくなる絵本です。

    掲載日:2013/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / ごぶごぶ ごぼごぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット