モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

クマのプーさんえほん15 フクロのひっこし」 みんなの声

クマのプーさんえほん15 フクロのひっこし 作:A.A.ミルン
絵:E.H.シェパード
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\740+税
発行日:1983年
ISBN:9784001109153
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 見つけた家は、誰の家

    30年くらい前に、子どもにと買ったこのシリーズは全部で15冊。
    5冊づつケースにセットされていて、今も割ときれいです。
    シェパードさんの挿絵が大きくて見ていると楽しいです。
    この巻はその最後です。
    14ではフクロの家がある大きな木が倒れて、大さわぎになったのですが
    その時のコブタを讃えて、プーが、嗚呼、いさましきコブタ、、と言う歌を作りました。
    コブタの反応がかわいらしいです。
    それからフクロの引越し騒ぎ、カンガとルーが面白いです。
    大騒ぎの結果、変なことになりましたが、コブタはプーと一緒だと
    楽しくて安全かなと思いました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 噛みあわないやりとり

    クマのプーさんえほんの15です。息子が図書館で借りてきたのですが、内容的に難しかったのか興味を示しませんでした。フクロの家が倒れてしまい、新しい家を探さなくてはいけなくなりました。

    ストーリーの中心は、フクロの家なのですが、話は周辺人物にも及びます。いつも一人でいるイーヨーにウサギが、一人でいないで自分の方から出かれけることを提案するのが、おもしろかったです。噛みあわないやりとりの中に、時々まともなことが出てくるのが読んでいておもしろいなと思います。

    プーさんとコブタがお互いにわかりあっているのも微笑ましかったです。息子は興味を示しませんでしたが、シリーズの他の作品にはどんな出来事が書いてあるのか読みたくなりました。

    掲載日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット