うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ふたつの月の物語」 みんなの声

ふたつの月の物語 著者:富安 陽子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年10月23日
ISBN:9784062178808
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,610
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 14歳の少女たちの夏休み

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    酒井駒子さんの幻想的な二人の少女の絵の表紙が印象的です。
    『盆まねき』で小学生の女の子の不思議な体験を綴った作品のあと、
    主人公を14歳の二人の中学生としたファンタジー。
    とてもリアリティがあり、最初から提示される数々の謎が読み進めるごとに明かされ、
    最後にジグゾーパズルの最後のピースが埋まる感覚で、一気に読んでしまいます。
    養護施設で育った美月(みづき)は、ある日不思議な条件(月に関連するなど)で、
    富豪の老女の別荘に招かれます。
    同じようにして、月明(あかり)も招かれたのです。
    その別荘で心を通じ合わせ、それぞれの不思議な力で、
    二人は自分たちの、知られざる出生の秘密を知ることになります。
    別荘の前のダム湖に沈んだと言われる弓月村のエピソード、
    別荘に関わる人々の正体、裏山の祠・・・。
    神社を中心に行われる神事をベースに、日本古来の信仰が描かれ、
    日本人のDNAの琴線に触れる思いでした。
    また、みづきが育ったのがキリスト教系の養護施設、あかりが育ったのが寺、と
    日本らしい混沌とした宗教の狭間を見る思いでした。
    特に土着信仰や神事については、作者のかなり深い造詣を感じました。
    加えて、生死観や親子の愛情もたっぷり描かれ、とても奥深い余韻を感じました。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一気読み

    酒井駒子さんの表紙に惹かれて読みました。

    深く、暗いお話かと思ったのですが、謎が少しずつ解けていき、後半の展開も感動的で、時間なかったのに、止められませんでした。
    最初は、双子の少女のお話と思っていたけど、最後まで読んだ感想としては、節子さんの物語だったようにも思います。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもと違うテイスト

    何気に神道描写が本格的なのが、さすが富安陽子さん。こういう伝説もありそうです。なんかどこかで大口真神って聞いたことありますけど?
    児童文学……高学年〜ヤングアダルト向けかなと思われるが、興味のない人にはただの漢字の羅列にも思われがちな祝詞を、漢字で載せてしまう作者が好きです。ピリリときいたスパイスに感じました。

    いつもの富安さんなら、この真神から後の世界を詳しく描きそうなものだが、今回珍しいなぁと思った。いつもと少し違うテイストですね。

    出生の謎……今を生きるって、どういうことだろう。後悔って恐ろしい。
    今を生きることしか知らない子供時代。子供たちは何を思うのでしょうか。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今までにないパターン。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    富安さんの作品はとても好きで、ほとんどの作品を読んでいますが、
    今回は今までの作品とはちょっと違った印象を受けました。
    読者としての勝手な想像ですが、今回は作者が意図的に読み手のカテゴリーを変えたんじゃないかな?と、思いました。
    いつもは自然と、童話とかファンタジックな要素の強い妖怪ものや探偵ものなど、いずれも小さい時から本が好きで……、というようなお子さんたち向けに作られていたような気がするのですが、
    この作品は今ドキっぽいというか、ライトノベルが好きな子どもたちをターゲットにした作品なのかな?と感じました。

    もちろん、富安さん本来の読者をぐいぐいと物語の世界に引き込んでしまう面白さは他のお話と変わりありませんので、
    読み始めると時間を忘れ、あっという間に読んでしまいます。
    異質な出生、神話のような世界観、双子、超能力などが好きなお子さんにはお薦めです。
    ちなみにまだ読んではいませんが、うちの下の子は、最近『ライトノベル』といわれているジャンルの小説が大好きなので、
    この作品も表紙絵を見ただけで「読んでみたい!」といっていました。

    掲載日:2014/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一気に読みました!

    酒井さんの装丁画がすてきで手に取りました。
    これは、YAジャンルですね!
    ぐーっと引き込まれる内容でした。
    深くて、いろいろきちんと下調べなされていて、
    もう、最後までノンストップで読みました。
    ラストも、納得感動。
    物語は不可解な始まり方をしますが、
    最後にきちんと落ち着いてくれて、
    本当におもしろかったです!
    大人が十分楽しめますよ!

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット