ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ピーターラビット もうひとつのおはなし」 みんなの声

ピーターラビット もうひとつのおはなし 文:エマ・トンプソン
絵:エレノア・テイラー
訳:三辺 律子
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2012年11月10日
ISBN:9784087815047
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,078
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スコットランドのピーターラビット

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    ピーターラビットのおはなしが出版されて110年を記念して、
    新たに、女優でもあるエマ・トンプソンが書き下ろした作品。
    もちろん、原作者のビアトリクス・ポターとは違いますが、
    そのテイストへの敬意も感じられ、面白かったです。
    さながら、スコットランドのピーターラビット、でしょうか。
    雨の多い天候にうんざりのピーターは、冒険に出かけることにするのです。
    ご存知マクレガーさんの畑でレタスを失敬しようとしたところ、
    バスケットを見つけます。
    早速もぐりこんだピーターは、もちろん、おいしそうなサンドイッチをいただき、
    眠り込んでしまいます。
    ところが、バスケットごと馬車に揺られて、気がついたらスコットランドへやってきた次第。
    馬車から逃げ出したピーターは、スコットランドのウサギに助けられ、
    また家へ戻るのです。
    ピーターのやんちゃは、相変わらず相当なものなのですが、
    いつもながら、笑い話で終わってしまうのが、魅力ですね。
    ラディッシュのエピソードもしかり。
    でも、子どもにとって、こんな寛容な大人たちって、憧れでしょうね。
    ピーターラビット、やはりすごい存在です。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット