クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ペチューニアのうた」 みんなの声

ペチューニアのうた 作・絵:ロジャー・デュボワザン
訳:ふしみ みさを
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2012年11月15日
ISBN:9784835448350
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,177
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ペチューニア!

    • うめちびさん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    昔読んだペチューニア。
    表紙をみて、どこかでみたことがあるアヒル顔に、懐かしさをおぼえ
    手にとって、子どもと一緒に読んでみました。
    いろんな動物が出てきて、うらやましくなるペチューニア。
    窓から聞こえて来る音楽に、おもわぬことに巻き込まれ、
    最後は、よかったね。ぺチューニア!と拍手したくなるお話でした。
    たくさんの動物たちもまた素敵でした。
    今でもまったく色褪せないペチューニアの魅力を再発見しましたよ。
    これからも大事にしたい、ペチューニアです。
    楽譜がのっているので、いつか娘に演奏してもらおうと思っています。

    掲載日:2016/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌がくれる 無限のチカラ

    なかなか深いお話でした。
    学生の頃、コンサートでアカペラでハモったり、ゴスペルをしたりと
    歌がとても身近でしたが、正直当時はあまり自分の声やパフォーマンスに自信がなく
    私もペチューニアのように
    綺麗な声、響く声、上手く歌える友人たちを羨ましく思うことがありました。

    でも、このペチューニアのうたの絵本が
    歌って「うまい」んじゃないといけないんじゃなくて
    楽しいと思えることがなにより一番。
    ということを教えてくれました。

    上手く歌えないから、歌わないというのではなく
    歌えなくても、聞いて楽しんで、そのうち
    上手くなくても、一緒に口ずさんでみたり
    歌がくれる 幸せのチカラはいつの時代だって
    老若男女&動物さん問わず ∞なんだって気付かせてくれる
    深くて、心の奥からあったかくなれる絵本です。
    当時の私にぜひ読んで!!と勧めたいです。

    そして、読み終わったら、きっと、皆
    何か懐かしいCDやレコードが聞きたくなります♪

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の歌

    絵がおしゃれでした。内容もほのぼのとしたストーリーです。自分の歌が聞こえてきたら、一緒に歌いたくなりますよね。グワァグワァとしか鳴けないから、ちょっと悲しい気持ちになりますが、その声で泥棒を捕まえることができて、自分の居場所ができるなんて、とても素敵でした。
    楽譜もついているので、お話しも歌もどちらも楽しめました。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の良さ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    ぺチューニアのお話です。
    なんとものびやかですてきな白鳥です。
    とっても歌がすきなのですが
    ぺチューニアの声は車のクラクションみたいって歓迎されません。
    他の動物のすてきな鳴き声がうらやましくって仕方ありません。
    でも、あるときそのクラクションのような声で
    泥棒を捕まえることができ、みんなに感謝されました。
    たぶんカナリアだったら、声はきれいですが夜中にみなを
    起こすことはできなかったでしょう。
    人の良いところはすぐうらやましくなってしまいますが
    自分の良さにはなかなか気づきませんよね。
    みな同じじゃないけど、それぞれ良いところがあるんだと、
    そんなことにそっと気づかせてくれる絵本です。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい

    「みんなのベロニカ」をプレゼントされ持ってる息子が表紙を見たとたん「ペチューニアだ」といい、中身が知りたくて読み聞かせの始まり。(私はわからずどこでペチューニアがでてきたのかみんなのベロニカを再度読み直したら、その他大勢の一匹で出演してました!)

    みんなのベロニカ同様の白黒とカラーの交互のページに引き込まれながらの読み聞かせに温かいものを感じました。歌が歌いたいペチューニア、歌が好きなペチューニア。でも綺麗な声が出せないアヒル。ついつい人と比べてしまう、人間でも起こりうる世界。考えさせられるけれど、それを動物で表現することですうっと心に入ってくる話でした。個性なんだな。息子もそれを感じ取ってくれているようで、「なんかわからんけどいいよね」と一言。

    温かい子に成長してほしいものです。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • レコード!

    「ペチューニア」シリーズ、初めて読みましたが、とても素敵な絵本ですね♪
    美しい色彩のオシャレな挿絵、鳥カゴやちょっとした洗濯物、家の中の家具等、全ページを通して感じる異国情緒あふれるレトロな雰囲気。

    極め付けはあのレコード!
    今はレコードなんて見たことない子も多いかな?
    懐かしい〜!と思いながら読みました。
    30年ぶりの復刊ということは、もうずっと前から愛され親しまれてきた絵本なのですね。

    お話の途中に、歌の楽譜が出て来たのにも驚きました!
    読んだり、歌ったり、色んな楽しみ方が出来る本ですね。
    作者の方の、ペチューニアへの深い愛情も感じられました。

    ユーモラスで優雅でお茶目なペチューニア!大好きになりました。
    特に気に入ったのが、表情豊かなあの翼!

    オシャレで楽しくて、素敵な音楽が聞こえてきそうな絵本です。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛されているペチューニア

    がちょうのペチューニアは、歌を歌うのが大好きです。
    でも、その歌声は、「ぐわっ、ぐわっ、ぐゎっ・・・」
    農場の動物たちは、みんな素敵な歌声を聞かせてくれるので、うらやましくて仕方がありません。
    ちょっと歌ってみると、ねこにひどいことを言われたりします。
    ある日、パンプキンさんの家から、歌声が聞こえてきました。よく聞いてみると、それはペチューニアのことを歌っているようです。誰が歌っているのか知りたくてたまらないペチューニアは、なんとかその声の主をみようとするのですが、たいへんな仕打ちにあってしまいます。
    このあたりのペチューニアの奮闘ぶりときたら、なんともけなげでたまりません。そして、そのあとのペチューニアの活躍も素晴らしいものです。
    農場に住む動物たちとのやり取りもなんだかそっけないようですが、どことなく寄り添っていく様子が伝わってきます。
    ペチューニアのキャラクターは、誰もがきっと好きになるでしょうね。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌おうよ、ペチューニア

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    今回初めて読みましたが、30年以上もみんなに愛されてきた物語だったのですね。
    お話を読み進めていくと、読んでる皆さんも一緒に歌ってねと言わんばかりに楽譜が突然出てきたのにはびっくりしました。でも、ペチューニアが聞いた歌ってどんなんだったんだろうと気になって、そのうち私も楽譜を見ながら口ずさんでいました。

    自分の声にコンプレックスを持っていたペチューニアだったけど、その声がみんなの役に立ったなんて素敵ですね。ラストではおかみさんが歌う自分のことを歌った歌を嬉しそうに満足そうに聞き入るペチューニアですが、せっかくだから歌ってみてよと言ってあげたくなります。上手とか音痴とかかかわらず、楽しそうに歌ってる歌声って、聞いてるほうも楽しい気持ちにしてくれると私は思っています。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • グワッ

    ぺニューニアと同じで、歌の好きな娘。コオロギやおんどり、ツグミの歌にニコニコ。自分の歌が聞こえてきて、感激したぺチューニアがつい、「グワッ グワッ グワッ グワッ!」と歌いだすと、大爆笑。ネコに顔をしかめられたその声も、パンプキンさんの危機を救うと、何とも言えない満足そうな顔をしていました。少し邪険な扱いだったぺチューニアが、歌を作ってもらえるほど愛されていて、うれしいエンディングでした。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがペチューニア!

    おうちから流れてくるペチューニアの歌を聞きたくて、誰が歌っているのか見たくて あの手この手で おうちの中に入って確かめようとするペチューニア、
    ただただ この歌が好きというだけなのに 勝手にはいってくるガチョウだからおいだされてしまう。このまま理解されず 追い出されてばかりでお仕置きされたりしたらどうしよう、純粋に歌が好きなだけなのに...
    と、心配で。 でも心配ご無用!ラストはさすがのペチューニアでした!

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / なにをたべてきたの? / おばけパーティ / いいから いいから / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

全ページためしよみ
年齢別絵本セット