ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ひみつのたからさがし」 みんなの声

ひみつのたからさがし 作:よこみち けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784591130926
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,691
みんなの声 総数 8
「ひみつのたからさがし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親の方が見ていて楽しい&懐かしい絵本?(^^)

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    じいちゃんの家に遊びにきたひろきとなおき。
    2人は物置の中で「あけちゃだめ」と書かれた筒を見つけます。
    開けてみると、「たからをうめた!」と書かれた宝の地図!!
    さっそく2人は地図をたどって宝のありかに向かいますが、宝物は見つかりません。
    地図の裏をよくよく見てみると…?!

    子供たち、かなり宝の地図と暗号文に食いついていました(笑)。
    子供の頃、こんなのすごく楽しかったですよね(^^)!
    私もこんな宝を埋めるの、やってみたかったなぁ〜♪って懐かしくなりました。

    出てきた宝物、うちの子供たちはまぁまぁ食いついていました(笑)。
    どちらかというと、親の方が見ていて楽しい&懐かしい絵本かもしれません。
    ラストのなおきの言葉には、ちょっと笑っちゃいました(^^)♪

    掲載日:2014/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい謎解き

    タイトルからして、わくわくします。思わず手にとっていました。
    わくわくドキドキしながら読み進められました。
    暗号がなんとも懐かしいです。小学生くらいの頃、こんな暗号解きがはやったなぁと、懐かしい気持ちになりました。
    最後のオチもなかなか素敵です。

    絵もかわいくて、わくわく度が増していきます。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちもあったらいいなぁ

    お母さんの実家に遊びに来た、孫の僕とひろき。古くって広くってじいちゃんちを探検するのが大好きな二人。そんなワクワクした二人の気持ちが伝わってくる挿絵と”たからの地図”と言う重要なキーワード。この後の展開・ラストシーンは意外なものでしたが、なんだか私は、母目線でほっこりしました。小学4年の次男は、”宝の地図”うちにもあったらいいなぁ っと言っていました。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1回目は盛り上がったけど…

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    なおきとひろきの兄弟が、おじいちゃんの家で見つけたのは「たからのちず」!その地図が示す場所は近所の公園。さっそく探しに出かけました。
    でもなかなか見つからない宝物…。そんなとき地図の裏に『暗号』があるのに気づいたのです。

    息子たちに「あんごうってなに?」って聞かれて…正直、説明に困りました(苦笑)
    だけど暗号自体はちょっと説明すれば子供でもすぐに理解できたようで、息子たちも「わかった!」と嬉しそうでした。
    子供はこういうの、好きですもんね。

    そして見つけた宝物とは…お楽しみにしておきますね^^

    だけど…1回見つけてしまうと次は興味が薄れてしまったようで、2度目は読もうとしません…。息子たちの「お気に入り」にはならなかったようです。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 取り戻せた宝物

    じいちゃんは、お母さんのお父さん。
    じいちゃんの家は古くて広くて、いろんなものがいっぱいあります。
    お兄ちゃんのぼくと弟のひろきは物置を探検するうち、青い筒に入った宝の地図を見つけます。
    「おとなにはないしょで、ひみつのたからさがしだ!」
    地図に書かれた宝のありか、あじさい公園に向かいますが…?

    子どもなら誰もがわくわくすること間違いなしの、宝探し。
    宝の地図に、秘密の暗号。
    どろんこになって宝物を探す幼い兄弟の姿が、すごくほほえましかったです。

    見つかった宝物は自分達にとってはあまりいいものじゃなかったかもしれませんが、あふれた笑顔は何物にも代えがたいものだったのかもしれませんね。
    そういえば、私も子供の頃こんなふうに宝物を大事にしていた気がするなあ…。
    懐かしさを感じさせてくれる一冊でした。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくするね〜

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    子供のころ、たからさがしゲームみたいなのをよくして遊びました。

    お宝をどこかに埋めて、「もういいよー」の号令でみんなで探して競うのです。

    この兄弟も、ひょんなことからお宝の地図を見つけて、地図の暗号を解いて、お宝をみつけます。

    簡単な暗号なので、ウチの次男も分かって得意顔。

    暗号とか、みんな好きですよね〜。
    面白かったです。

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗号がナイス

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    じいちゃんの家にお母さんと遊びに来た、なおきとひろき。

    古くて広くて、不思議なものがい〜っぱいだから、
    二人は探検するのが楽しみです。

    そして今回も探検中に物置が開いているのに気が付いて、
    中を物色していたら、宝の地図を発見します。

    宝の地図をもとに、じいちゃんの家の近くにある
    あじさいこうえんを掘ってみるのですが・・・。

    宝の地図だけじゃなくて、じいちゃんの家のこまごましたものが
    とっても味があります。
    古っぽいところが新鮮なのか、これなに〜と次男は興味津々。

    でも、絵文字の暗号のところでは私も兄ちゃんも次男も
    「?」となっちゃいました。
    なんだこれ??サイ?した?全然わかんないよぉ〜。

    出てきた宝物を見た息子たちも、なおきくんたちと同じで
    「何これ、変なの〜」って言っちゃう。
    だって、宝物は◎◎のだものね。懐かしいなぁ〜。

    宝さがしも楽しいけど、暗号がナイスでした♪

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    子どもの頃、たからさがし遊びしていたなぁ〜と懐かしく思い出しました。
    そしてたからものをいっぱい詰めた箱も作った記憶が。
    あれは今どこへ行ったのやら…笑

    娘はおじいちゃんちのいろんな珍しいものを見るのが楽しい様子でした。
    なにこれ?どこでどうやって手に入れたの?というような、面白いものがたくさんあります。
    そして、たからのちずにも興味津々。
    「ここから、こうやって行けばいいんだよね」と、指をさしながらたからのありかまでたどっていました。

    なおきとひろき、2人が一生懸命たからさがしをする姿が、見ていてとっても微笑ましかったです。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット