大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ミルデンホールの宝物」 みんなの声

ミルデンホールの宝物 作:ロアルド・ダール
絵:ラルフ・ステッドマン
訳:中村 妙子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784566011083
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ロアルド・ダールらしいピリ辛人間喜劇。
    でもこの絵本、実話を基にして、ダールさんが当事者に取材して出来上がったものらしいので、登場人物にとっては悲しい現実なのです。
    しかも実名で登場。
    畑を耕す作業を頼まれたブッチャーさんが、畑で見つけたのはローマ時代の食器。
    世紀の大発見でした。
    ブッチャーさんにとっては厄介なガラクタにしか見えなかったのですが、作業中に登場したフォードさんが「これは金になる」とばかりに、「ガラクタ」を引き取っていきます。
    ブッチャーさんは世紀の発見で一躍有名になり、大金持ちに………なるはずだったのが、フィッチャーさんにだまされてせっかくのチャンスをふい。
    フォードさんも欲張りすぎて、隠匿したためにイギリスから取り上げられ、わずかな礼金を手にするだけに終わってしまいます。
    当人たちとっては笑うに笑えないお話。
    当人の写真まで掲載されて、笑いものにされてしまったではないですか。
    でもブッチャーさんは、このお話に協力したおかげで多少は恩恵にあずかることができたのですよね。
    なんとも辛口の人間喜劇。
    ステッドマンの絵がインパクトがあって、好き嫌いがありそうですが、この物語のトピック性を強調しています。
    ちょっと可哀想なお話でした。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット