すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

まゆげちゃん」 みんなの声

まゆげちゃん 作:真珠 まりこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2012年11月14日
ISBN:9784061325326
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,775
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 表紙のインパクト!

    表紙の太ーいまゆげに目を奪われました。
    お父さんの太い眉毛。怒ると眉毛が上がり、表情によって眉毛もいろんな変化を見せます。特にオチなどもありませんが、太すぎる眉毛がだんだん愛らしく見えてきます。裏表紙にぼくの眉毛も描かれているので、お父さんの眉毛がいかに太いかがわかります(笑)

    掲載日:2016/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応がいい

    古本屋さんの店主さんに教えていただいた本。
    真珠まりこさんは『もったいないばあさん』で有名ですが、とてもユーモアがあり好きな絵本作家さんです。

    お父さんの眉毛ちゃんがいろいろな表情をみせてくれるこの絵本。娘はこの絵本で初めて眉毛を認識しました。
    とても楽しそうに読んでいます。
    各ページしっかりしたつくりなので、自分でもめくりながら読んでいます。

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせでみんなが笑顔になれそう

    読み聞かせボランティアで使えそうな、軽く読めて気持ち良く終われるような絵本を探していて、出会いました。

    この作品は読み聞かせにぴったりです!

    ハッキリしてわかりやすい絵に、シンプルで読みやすい文章。

    まゆげにコンプレックスのある子供のお話かと思いきや、実はおとうさんのまゆげが題材でした。いろんな動きをするおとうさんの太まゆに対する愛情と、親子の愛情がたっぷりつまっています。

    みんなが笑顔になれそうな、ほっこりしとしたあたたかい作品です。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • まゆげにごっち〜ん!

    絵本イベントのおみやげに孫に買った「まゆげちゃん」。

    おじいちゃんがいつも「おでこ、ごっち〜ん!」と額を合わせて遊んでいたせいか、
    絵本の中のお父さんの眉毛の存在感がすごかったせいか、
    表紙を見せると、自分からまゆげにごっち〜ん!と額をくっつけてきました。

    それから、1ページめくるごとに、まゆげにごっち〜ん!を繰り返す孫。
    はっきりした線に、はっきりした色、
    よっぽどインパクトがあった様子。

    ストーリー以前に小さな子のハートを鷲掴みにした1冊です。

    掲載日:2016/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情の変化で踊るまゆ毛

    そうか〜、表紙絵はおとうさんのお顔だったんですねぇ〜。
    大笑いです。

    顔の表情で眉毛も動くっていうか、踊るっていう感じですね。
    パラパラ早めくりすると結構面白いんです。

    ぼくのお顔を見たページでは、どこかおとうさんの太眉を受け継ぎそうなところはないかと探してしまいました。
    ぼくもなるんだろうな〜、太眉とうさんに。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮な!

    私,まゆげの絵本初めて読みました(笑)。
    それだけで新鮮です!
    確かにまゆげって,顔の中の主たるパーツではないかもだけど,その時々の表情でまゆげも表情を変わりますよね。
    そして特に女性の場合,年代や時代でまゆげのカタチ(流行)も変わったりもする。
    実は顔の中でまゆげこそ大切なパーツなんだな〜と改めて感じました(笑)。
    もちろん見た目云々ではなく健康上(異物から守ってくれるなど)の役割も忘れないようにですけどね!

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強烈

    まゆげちゃん!
    強烈ですね。もはやキャラクターと同じくらいの威力があるように思います(笑)。
    シンプルなストーリーですが、まゆげの太さや動きがおもしろく、娘は何度も「読んで!読んで!」と持ってきます。
    こういう絵本もたまには入れ込んで読んであげると、あらたな絵本の楽しみ方がわかっていいな〜と思いました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに

    5歳の息子たちと一緒に読みました。この本を選んだのは絵本紹介雑誌に載っていて楽しそうだったからです。読み聞かせにぴったりと紹介されていました。
    えほんをお面のように顔にあてて読むと確か紹介されていたのでやろうかと思いましたがよみながら顔にあててよむにが難しく、そのままましたが子供達はおもしろがって聞いてましたよ。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんともかんとも

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    2歳の次男に読みました。

    何とも表情豊かなお父さんのまゆげですね。一体何の絵本なのかと思いましたが、ただただ楽しいですね。

    うちの主人は眉が薄めなので、息子はこういうことは全然想像できないのではないかと思います。

    でも眉の濃い人を見たら思わず釘付けになりそうで心配です。

    掲載日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんのまゆげ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    表紙を見て男の子のまゆげのことかと思ったらおとうさんのまゆげなんですね。
    本当に太くてりっぱなまゆげです。
    そんなおとうさんの息子さんは今はまだ普通のまゆげに見えますが、成長していくとおとうさんのようなまゆげになるのでしょうか?

    掲載日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おじいちゃんのもうふ / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット