ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

シャーロキアンクロニクル (4) スリーピング・ビューティ」 みんなの声

シャーロキアンクロニクル (4) スリーピング・ビューティ 著:真瀬 もと
絵:山田 睦月
出版社:新書館
本体価格:\650+税
発行日:2000年03月
ISBN:9784403540240
評価スコア 4
評価ランキング 23,331
みんなの声 総数 1
「シャーロキアンクロニクル (4) スリーピング・ビューティ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • デレクの婚約!

    ホームズ好きにおすすめ。4巻からはまた主人公がデレクに戻り、なんとなく話の流れが理解しやすいです。今回はデレクがマチルダと婚約することになりますが、呪いの人形が贈られてきて、真実の解明までパイクにマチルダとの婚約を禁じられてしまいます。

    今回は眠り姫エリザなど、モリアーティの弱点も出てきます。モリアーティも片腕が元医者のジョイスで、よくあるTVのホームズ&ワトスンふうです。

    ワトスンが3巻ではかなり切れ者として書かれていて、強いし、ちょっとくらいはあくどいこともしていて意外な印象を受けたのですが、4巻では感情がはっきりしていて正義感がありちょっと疲れた感じで、原作のワトスンっぽい。でもちょっとイメージの統一感に欠けるような気がしました。

    しかしこの回ではとうとう、シャーロック・スコット・ホームズが登場します!しかし、原作のような正義の味方ではなく、シグルド・シェリンフォードと名乗ったり、スコットと名乗ったりして、地下組織にもぐりこんで、冷酷に結構な悪事をしています。原作の、アヘンとタバコ程度のシャーロックとはちょっと違うので、この続きがどうなるのか、、、、気になって仕方ないです。面白い!

    掲載日:2012/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット