十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ルーシーのぼうけん」 みんなの声

ルーシーのぼうけん 作:キャサリン・スト−ア
出版社:子ども文庫の会
本体価格:\0+税
発行日:1986年
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「ルーシーのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これは本当の冒険だ!

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男が一人で読めそうな本を探していた時、たまたま行った本屋さんで「低学年にお勧め」のコーナーに置いてあり、その古めかしい表紙が気になって読まずにはいられませんでした。

    三人姉妹の末っ子のルーシーは、男の子になりたくて仕方ありません。でも近所の男の子たちには、女だからと言って相手にされません。

    ところがある日のこと、道で緑色の車を何度も目にし、不審に思ったことからルーシーの冒険が始まります。

    その冒険が、なんと近所のお金持ちの家に入った本物の泥棒を捕まえるという本当に本物の冒険なのです。ルーシーは泥棒に気づかれないようにその緑色の車に乗り込んで、泥棒の隠れ家に行き、そこから脱出して海に出て海上警察に保護されるのですから!!

    読んでいて本当にハラハラしました。こんなの読んだら子供が危ないことを真似しちゃうんじゃないの?と心配になるほどです。でも自分が子供の頃に読んだとしたら・・・と想像すると、やはり本当の冒険であるだけに面白さもひとしおでしょうね。

    最初はルーシーの紹介が長くてちょっと根気がいりますが、読み進めると止まらなくなります。絶版のようですが、お勧めです。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三人姉妹の末っ子のルーシーは女の子遊びよりも男の子たちと一緒に遊ぶ方が好きな、活発な女の子。
    男の子たちと遊ぼうとして相手にされないでいたら、とんだ事件に巻き込まれてしまいました。
    『ポリーとはらぺこおおかみ』の小気味よい話口調が、充分にいかされた作品です。

    掲載日:2012/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット