マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう!の試し読みができます!
作・絵: 西村 敏雄  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
読んでいるとお腹がグー!美味しいカレーが食べたくなる絵本です

ふしぎしょうてんがい」 みんなの声

ふしぎしょうてんがい 作:きむら ゆういち
絵:林 るい
出版社:世界文化社
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年12月05日
ISBN:9784418128228
評価スコア 4.09
評価ランキング 18,425
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつもと違う道を歩いてみよう!

    • 若ゴボウさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、

    幼稚園の帰り道にいつもと違う道から帰ってみると…

    なんだか不思議なお店がいっぱいだ!

    息子はバス通園なので絵本のようにはできないけど公園へ行くときいつもは通らない道から行ってみよう!って少し親子で不思議を体験してみたくなりました。

    果物の表情がおもしろいみたいで息子も話しに夢中になっています。

    ペットショップも楽しめる仕掛けがありお気に入りです。

    仕掛けでも楽しめてプレゼントにもピッタリのオススメ作品です!

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • もとどおりになっちゃった

    いつもと道を変えてみたら、パパとゆうなちゃんは、
    不思議な商店街に行ってしまいました。
    そのとおりなんて名前がついていました。
    どんな不思議なものがあるか、見てゆくのが楽しそうです。
    50えんでほうきを買ったら、びゅんと飛びました。
    これはお買い得だと思います。

    掲載日:2016/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • しらんぷりんご

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    いつもと違う道を帰るって、わくわくしますよね。自分が若くて時間も有り余っているころ、よく初めての道を探しながら歩いていたことを思い出しました。
    ゆうなちゃんが通った商店街には、面白いフルーツを沢山売ってるフルーツ店、猫のやってる魚屋さん、怪獣ショップ、動物による動物のための洋服店、そして魔法使いの雑貨屋さん!
    なんて素敵なものばかりでしょう。
    思いがけず、魔法のほうきで飛んで帰ることになったパパとゆうなちゃんでしたが、ママにはしんじてもらえず・・・
    でもきっとママもふしぎ商店街を知っているはずです。「しらんぷりんご」がお家にありましたからね。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆうなちゃん、スルドイです

    いつもの道と違う道を通るワクワク感が、よ〜く伝わってきました。

    園の帰りに、いつもと違う商店街(そのとおり商店街)に入ってみたら、不思議なことの連続でした。
    私は、八百屋さんに並んだ果物たちの名前に笑ってしまいました。

    ペットショップと思いきや、・・・・・・。
    雑貨屋さんは、予想がつきましたよ。

    このあと親子でとんでもなく飛んじゃった経験を、・・・・・・。

    商店街の出口には、もとどおりという商店街の看板。
    これには、まいりました。

    最後の、ママのついた嘘を見抜いたゆうなちゃん、スルドイです。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も行ってみたいなあ

    いつもの道からちょっと遠回りして、
    商店街をパパと散策。

    初めて行く場所って、大人でもわくわくしますよね。

    この商店街、八百屋さんもお魚屋さんもペットショップも、
    なんだかちょっと変わっています。

    ペットショップは、うっかり入ってしまったら
    大変なことになりそう!

    最後に寄った雑貨屋さんへ、私も行ってみたいなあ。
    ほうき以外にも、面白い商品が沢山ありそう。
    (しかも、安い!)

    最後の展開は、想像していませんでした。
    もう一度八百屋さんのページを開いて、
    「ママもここで!」と納得しました!

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • まほうき

    不思議な商店街ですが、とっても楽しく読めました。表紙から、絵も可愛いので怖くないしワクワクしてしまってページを捲るのが嬉しかった孫です。言語の先生といつもお買い物ごっこをしている孫なので、ハイテンションでした。ゆうなちゃんとおとうさんが買ったまほうきが、50円とお得なのにちりとりのおまけまでつけてもらっていいなあって思いました。まほうきに乗って帰れたのでほっとしました。とても楽しい絵本なので何回読んでも気持ちまでが楽しくなれます。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕掛け絵本

    タイトルに惹かれて図書館で手にとりました。
    う〜ん。たしかに不思議な商店街なんだけど、、、
    期待しすぎたかな。という感じでした。
    6歳の娘にはちょっと簡単すぎな絵本でした。
    仕掛け絵本になっていて、色も鮮やかでカラフルですし
    未就園児くらいの子は楽しんで読めるのではないかなと思います。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 商店街の魅力

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    商店街って、何だか古風ですが、魅力的。
    そんな商店街を題材にした仕掛け絵本。
    ゆうなちゃんとパパは園からの帰り道に寄り道をしたら、
    不思議な商店街に迷い込んでしまうのです。
    「そのとおり」というアーケード街は、一見普通ですが、
    よく見ると変わった様子です。
    果物屋さんに並んだ、「しらんぷりんご」、「なきうい」、「わらいちご」・・・!?
    魚屋さんの店主がネコだったり、動物の洋服屋さんなどなど、
    仕掛けを使って不思議なお店が次々と登場します。
    ついには「まほうき」で空を飛び、「もとどおり」へ・・・。
    帰宅しても、なにやら余韻たっぷりです。
    商店街を見る目が変わってくるかもしれませんね。
    物騒な昨今、寄り道のできない子どもたちと、
    この作品を通じて寄り道世界を楽しんでほしいです。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパと読むといいかも

    図書館の新刊コーナーで見つけ、借りて帰って子どもたちと楽しみました。言葉遊びも楽しい、しかけ絵本でした。
    ダジャレ好きの娘たちは、「しらんぷりんご」「まほうき」などの登場にニコニコうれしそうです。ただ、もうちょっとストーリーに展開があったり、しかけ絵本ならではの工夫があると面白いのになぁと思いました。
    パパと読むと、一緒におでかけしている雰囲気が出て、いいかもしれません。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寄り道がしたくなる

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    お父さんとの帰り道、いつもと違う道に行ってみると
    そこはとても不思議なものばかり売っている商店街!

    次から次へと不思議なお店がでてきて、
    小さいお子さんならわくわくしながら読めると思います。
    それにしてもこの親子、その不思議な雰囲気を怖がりもせず
    楽しんでるところがすごいですね。
    最後は箒でひとっとびです。

    うちの子供たちも普段とちょっと違う曲がり角だけでも
    《お母さん今日はどっちに行くの》とわくわくしてるような時期があったなーと思いました。
    ちょっと、寄り道して遠回りしたくなる一冊でした。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット