だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ちがうねん」 みんなの声

ちがうねん 作:ジョン・クラッセン
訳:長谷川 義史
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,700+税
発行日:2012年11月15日
ISBN:9784861012334
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,992
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 長谷川義史/訳??ほんまかいな?
    結末、怖すぎやん!
    でも、大阪弁おもろすぎ〜!
    ジョン・クラッセンさんの絵の上手いこと!!(長谷川さん、スミマセン。)
    まったくタッチの違う絵でありながら、長谷川ワールド炸裂です。
    標準語なら評価は「ふつう」以下だと思う。
    だから、絶対原作を超えた面白さ!!のはず…。(原作読んでません。クラッセンさんスミマセン。)
    いや本当の話、大阪弁でなければこのシュールでありながらユーモラスな絶妙のバランスは出ないと思います。
    長谷川義史/訳、これからも目が離せません。
    今後の翻訳絵本も期待「大!大!大!」です。

    掲載日:2013/07/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 今度は「あ!」

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    もう一つの「どこいったん」の時に、ラストのところで
    「???」になった息子たちでしたが、
    ほら、ここのところがってヒントをだして、「そうか!」だったのですが。

    この「ちがうねん」は盗って逃げる方が主人公。

    だから、追いかけてくるドキドキを感じてくれたようです。

    そして、ラストのところで…次男が「これ、食べられた?」と
    気づいてくれました。

    盗ったらいかんよね、盗ったら。

    長谷川さんのインタビューで「ちがうねん」と「ちゃうねん」の違いを
    言ってたのは面白かったなぁ〜。

    たしかに、「ちゃうねん」だと軽いですもんね。

    「どないやねん」ってのも作ってほしいですが、
    おいおい、それとはちがうねん!ってツッコミきますかね(笑)

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • これもまた!

    「どこいったん?」でもかなりの衝撃を受けましたが、
    さらにこれ!!
    別に、どうなったのかはっきり描かれていないけれど。
    どうしても「やった!」と思ってしまうのは
    大人だけ?(笑)
    帽子を盗った小さな魚が、大丈夫、絶対わからないって!
    と言いながら逃げていく。
    盗られた大きな魚は着々と追い詰めていく・・・
    あのカニ!全然信用できないじゃん!(笑)
    ま、こんなふうだよね、人生。
    本当に面白かった!

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • どきどき

    前作「どこいったん」の世界ふたたびです。
    登場するキャラクターがいつもいい味だしていて、読んでいてたまりません。
    またまた帽子が行方不明。でも今度の主役はとったほう。
    とった方の目線で読むのと前回のとられた方の目線で読むのはまたひと味違うなあと感じました。
    「どこいったん」を読んでいるので、「もしや」とどきどきしながら読みました。
    奥が深いお話です。でも単純に楽しく読める絵本でもあるかな、とも思います。
    「どこいったん」が大好きな息子と再び読みたいです。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 今度は海で・・

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    関西弁のタイトルが目に留まり、読んでみましたが・・「どこいったん」の、ジョンさんの作品だと気づくまでにそう時間はかかりませんでした。

    「どこいったん」の海版と言ったらいいのでしょうか。
    小さな魚が帽子をかぶってます。独り言を言いながら泳いでいます。
    それは、実は大きな魚のものです。
    結末はもう、ナビの皆さんなら想像がつきますよね・・
    他の雑誌でジョンさんのインタビューを見たところ、こちらは原作にはEATとはないようです。あくまで私たちに結末をゆだねているようです。
    そのほうが、精神衛生上もいいかな・・
    一緒に見ていた次男は言葉を失ってましたけどね。

    こちらの作品も、長谷川さんの名訳が光ります。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • 面白い大阪弁です。

    • ラテ子さん
    • 20代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    小さな魚が、寝ている大きなお魚から、帽子をとって逃げてしまうお話。

    小さな魚の浅はかな計画は、大きな魚に全てお見通しで、帽子を取り戻すのですが、一連のストーリーが、大阪弁でとても面白く描かれています。

    内容的には、人からものを取ってしまう事は悪い事なんだと子供に響く内容ですが、子供にも理解がしやすいように、面白い設定・登場人物なので、とてもお勧めです。

    読み終わったら、「誰が悪い事したんだろう」と子供とお話すると、善悪の道徳もつきそうないい絵本です。

    掲載日:2013/01/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっぴりこわい

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    大きな魚の帽子を盗んだ小さい魚。ばれるわけがないと泳いでいきますが・・・。
    この絵本には独特の緊張感があって、どきどきしながら読みました。魚たちの表情がなんともいえずいいです。そして関西弁も絶妙です。他の方のレビューにもあった気がしますが、確かに標準語ならここまでおもしろくならなかったかもしれません。
    子どもは、大きな魚が小さな魚を追いかけていってもう少しで追いつくというシーンで「あー」っと言っていました。緊張感を楽しんでいたようです。
    悪いことをしてしまって、ばれたらどうしようとドキドキしている時間。一度はありますよね。それを思い出しながら読みました。

    掲載日:2016/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • こわい こわい こわい

    大きなさかなの帽子を盗んだ 小さなさかな。

    まず、こんなに愛らしい小さなさかなが、盗みをすることがこわいです。
    生きるためにとかではなく、ただ欲しかったという理由。
    自分本位で生きる現代人の身勝手さとダブってみえました。

    次に後ろめたさとの闘い。
    必死でじぶんに言い聞かせる、追い詰められた精神状態がこわい。

    そして、迫りくる追手と、消えた小さなさかな・・・。
    ドキドキドキドキ・・・。
    でも、娘が無邪気にこの追いかけっこを楽しめるのは、やっぱりこの口調!

    関西弁で綴るちょっぴりブラックなストーリー。
    ドキドキです!

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 目つきが(笑)

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    大きな魚の目つきが、めちゃおもろうて、思わず息子と笑ってしもうた。

    ほんまに、絵は、かわいいんやけどなあ、、、。

    結末がなあ、、、おっかないわ。

    ※ ※ ※
    「どこいったん」を読んで、かなりの衝撃を受けた後、続けて、「ちがうねん」を読んだので、結末は、「これも、こういうことなのね」と楽しく読めました(笑)

    「どこいったん」では、結末に、親子そろってかなり驚き、慌てふためきましたが、「ちがうねん」は、

    「2冊目ということ」
    「小さな魚が言い訳を一生懸命していたこと」

    で、子どもなりに

    「人の物とったからなあ・・・」

    と冷静に受け止めることができました(笑)
    それでも、「ええっ!」と叫ばずにはおられない結末でしたが(笑)

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 前作「どこいったん」は、大切なものを盗られた方が主人公。
    それに対して、この「ちがうねん」は、盗った方が主人公です。

    前作と同様・・・
    個人的には、それ以上にハラハラとする内容でした。

    気持ちの良いはずの広い海が、
    果てしなく続く闇のような、なんとも不気味な空間に思えます。

    悪者である小さな魚に 同情する気持ちはありませんが、
    それでも、衝撃の結末には 思わず息をのんでしまいました。

    はっきりと描かずに 匂わせているところが、なんとも効果的。

    どちらかと言えば、大人の絵本なのでしょうか。
    けれども、敢えて子どもにも読んで聞かせたい一冊です。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    1

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット