もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

しわしわ かんぶつ おいしいよ」 みんなの声

しわしわ かんぶつ おいしいよ 作:水上みのり
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2012年12月
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,680
みんなの声 総数 5
「しわしわ かんぶつ おいしいよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 噛めば噛むほど味が出る

    乾物って、よく目にするし、よく使いもするけど、元の形を意識したことはあまりなかったです。
    大根・椎茸・ワカメなんかはともかく、あずきや寒天の元の形、麩に至っては、原料が何かも考えたことなかったです。

    ほぼ、調理されたものしか見たことない娘は尚更です。
    「えぇっ!?」「なんじゃこりゃ??」そんなカンジでした。
    調理された姿をみて、ようやく「これ、しってる♪」に(笑)

    乾物って地味ですけど、味と同じで、噛めば噛むほど(知れば知るほど)味が出るって思いました!

    栄養があって、美味しくて、健康的!
    非常食にもできる!
    こどもたちにも乾物の良さを知ってもらえる一冊です!

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かんぶつ大好き

    かんぶつと言えば、切り干し大根やひじき、、、
    他にも良く見れば干物やら黒豆やら、小豆やら、、、
    結構たくさんあるんですよね。
    何気なく使っているものでもこうして本にしてあると
    子どもにも話しやすいし子供自身も料理に興味がもてます。
    大豆を水に入れて翌日見てみると
    膨らんでいるので驚いていました。
    食卓に並ぶ食事だけでなくそれを作る前の様子と学ぶことは大切ですね。
    大人でも勉強になる本です。

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乾物
    お婆ちゃんが千切り大根やひじきでお料理
    大根はいろんな料理に使われますが 生ものですから、長くは保存できません
    そこで 乾燥させて保存する事を考えた先人の知恵ですね

    干し大根 干し椎茸 豆類 キクラゲ 高野豆腐
    また 海の物も 乾燥させて保存するのです
    干しエビ するめ わかめ あらめ かんてん にぼし 鰹節
    こうして保存して   昆布 鰹  煮干しで出しをとる そうして
    おいしい料理を作るのです
    うまいこと考えましたね
    おひさまに干す 事によって  味が凝縮されて おいしくなるのです

    乾物の利用方法は 
    乾物を使った料理
    乾物を使った お祝いのご馳走が そうです おせち料理なんですね

    昔はお正月は お店も休みで  おせちをたくさん作って食べたのですね
    なるほど 
    この絵本はうまく描かれていて 学べます
    これからも伝えていきたい先人の知恵ですね

    もうすぐお正月です 
    さお ごまめや 黒豆を炊いてみよう 

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乾物の季節

    ちょうどつい最近、大根の皮など刻んで干して、切り干し大根用の
    乾物を作ったところだったのです。
    届いた「かがくのとも」のこの絵本を読みながら、なんてタイムリー
    って一瞬思いましたが、冬は乾物の季節ですものね。私自身が干した
    ように。絵本だってその季節季節にあったテーマのものが出版
    されますよね。
    家にある乾物をひとつひとつ絵本の中と照らし合わせながら
    娘と読みました。花豆も小豆も買ったばかりだったからきちんと
    乾いた状態で見せることができてうれしかったです♪
    「てんぐさ」などは家にありませんが、夏に読んだところてんの
    ことをきちんと覚えていてくれた娘です。頼もしいわあ。
    そうして、絵本を読み終えたれば。
    「煮干し頂戴」と(笑)。「や、ごめん、煮干しはないわ」
    甘いお菓子などよりもこうしたものの方が好きな娘なのです。
    いろんな乾物を使って冬を楽しもうと思います。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かんぶつって、すごい

     干し野菜が話題になって、面白半分でわたしもちょっと作ったことがあります。食べ物を干すと、ほんとうにいいことがいっぱいなんだなと、あらためて思いました。
     干物は、地味で調理がめんどうなイメージがありますが、しっかり子どもに食べさせなければ、と反省しました。
     
     そして、おせち料理に干物がたくさん使われていることも、びくっりでした。昔のひとの知恵はすごいです。
     この絵本を読んで、夕食にさっそく「ひじき」を料理しました。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット