だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

こうもりぼうやとハロウィン」 みんなの声

こうもりぼうやとハロウィン 文:ダイアン・メイヤー
絵:ギデオン・ケンドール
訳:藤原 宏之
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784406056236
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,955
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 待ちに待った日

    このお話は、図書館の屋根裏に住んでいるコウモリの坊やが、図書館でいつもやっている読み聞かせをはあろうぃんの日にやっと近くで聞くことができたお話でした。ハロウィンの日に、飾りとして満足そうに絵本を聞いている様子がとってもかわいらしいお話でした。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本好きにもたまらない内容

    アメリカの公共図書館のやねうらべやに暮らすこうもりのぼうやの生活が描かれたおはなしです。
    ハロウィンのことやコウモリの生態だけでなく、公共図書館の行事が春から秋まで描かれていて、それを知るのもまた、本好きにはたまらない内容でした。
    ハロウィンの時期のおはなし会などで読むのにピッタリな内容だと思います。

    掲載日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンになったら

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    『Littlebat’s Halloween Story』が原題。
    こうもりぼうやは図書館の屋根裏に住んでいるのです。
    ある日、おはなし会の光景を見て、すっかりお話に夢中になるのです。
    もっと近くで見たいと思っても、人間に見つかったら大騒ぎされてしまうばかり。
    そこでお母さんは、「大丈夫な時がきっと来るわ」と待つように言うのです。
    図書室の装飾で、季節の移り変わりがわかる演出が素晴らしいです。
    そして、ついに、その時がやってくるのです!
    それがハロウィン。
    なるほど、の展開です。
    ハロウィンの日は、日本は読書週間でもあり、まさにタイムリー。
    おはなし会の楽しさも一緒に、細部までたっぷりと楽しんでほしいです。
    司書経験もある作者だからこその図書館像に拍手!です。
    もちろん、小学校のおはなし会で読みます。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心とGoodタイミング!!

    「こうもりって、ブタの顔に似てるよね」って
    息子が小さい頃に
    教えてくれました(^^ゞ
    あまり、こうもりに関心なかったもので(^^ゞ

    そんなことを思い出した
    この表紙
    なんとも愛嬌のある表情です

    「ハロウィン」が何で?と思っていたのですが

    とにかく待たせられます
    「いまにわかるわ」のおかあさんの言葉が
    季節の移り変わりで
    わかってきます

    図書館の読み聞かせの雰囲気は
    ちょっと日本と違ってグローバルな雰囲気です
    すごくリラックスして姿勢もくつろいでいます
    でも、「皆が静かになると」読み始めるのは
    同じなのかなって思いました

    好奇心いっぱいのこうもりぼうや
    皆と一緒に楽しめるんですよ!!
    すご〜い!!

    自然の描写もとても素敵です

    日本が取り入れた
    ハロウィンというと
    仮装、カボチャ、お菓子・・・
    それだけでなくて
    こういう絵本の紹介もいいですね

    さすが、図書館サービス論を学んだ方の
    作品です

    掲載日:2012/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本好きのこうもりぼうや

    こうもりぼうやと図書館は妙に合うようです。
    読み聞かせに興味を示したこうもりぼうや。
    絵本が気になりすぎて落っこちて、図書館では大騒動。
    お母さんに言われて待ちわびたのはハロウィン。
    アメリカの図書館の四季が描かれていて楽しめたのと、ハロウィンがこうもりとマッチすることにナットク。
    なんだか図書館好きが集まって作り上げた絵本だけに、味わいたっぷりです。
    訳者の藤原宏之さん。
    図書館をテーマにした絵本の翻訳が多くて、それぞれに図書館への思いがあるのです。
    要チェック!!

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット