だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

子ギツネたちのゆくえ」 みんなの声

子ギツネたちのゆくえ 作:マイケル・モーパーゴ
訳:沢登 君恵
出版社:ぬぷん児童図書出版
本体価格:\1,100+税
発行日:1987年12月
ISBN:9784889751383
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「子ギツネたちのゆくえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モーパーゴの初期の作品ですが、人間愛と問題意識は今の作品につながる基礎をしっかりと感じさせてくれました。
    捨て子の赤ん坊につけられた名前はビリー・バンチ。
    人の愛情を知らないまま育っていきます。
    そのうえ吃音は周りのクラスメイトからも先生からも馬鹿にされます。
    そのビリーが心を許せたのは親を失った子白鳥。
    その子白鳥が育っていくと、親を失い一人ぼっちになった子ギツネが唯一の友だちとなります。
    文章にあるようにビリーも子ギツネそのものでした。
    里親から逃げ出して、子ギツネとの流浪の旅。
    暗い物語だと思っていたら、少年は人の愛を学び、子ギツネを野生に戻す転機がおとずれました。
    最後まで読むと、氷のような世界が人の愛情で溶けていきます。
    なんで絶版なのでしょう。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット