ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

アブナイかえりみち」 みんなの声

アブナイかえりみち 作:山本 孝
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年03月25日
ISBN:9784593560851
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,246
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • さすが、男の子

    妄想が凄まじいです!
    でも、普通じゃない帰り道、とってもドキドキの冒険があって面白かったです。
    女の子だと、まずしないような危険だらけの帰り道は、さすが男の子だな!と思いました。
    息子もとても楽しんでいました!

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 劇的な帰り道

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    単なる学校から家への帰り道が,男子小学生5人集まるとこんなにドラマチックでスリル満点になってしまうなんて面白いですね.
    普通の毎日の中から面白いこと,よく考えると実はすごいことを見つける能力に関しては大人は子どもにかなわないな.息子を見ていていつも思います.この本を読んでそりゃそうだなと改めて思いました.だって,いつもの帰り道がこんなに大冒険なんだから.
    うちの息子もなぜかいつも,歩道と道路を分けてる石のブロックとか歩いたり,棒が落ちてたら拾って地面を叩きながら帰ったりしています.それはきっと頭の中では冒険の最中だったからなんですね.
    今までは「早く帰るよ」とせかすことも多かったんですが,冒険の邪魔は極力しないよう大目にみてあげなきゃですね.

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • この世界、わかるのかいっ!?

    初めにパラパラと目を通した時、これは男の子の世界だな〜と思いましたが、娘にも見せてみました。

    服装も背景も、完全に男の子たちの頭の中の世界。
    でも娘は、すごく楽しめたようです。

    うちは、どちらかというと遊びの好みも男の子よりなので、もしかしてこれは、娘にとって日常なのかも…と感じました。

    掲載日:2016/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男子が通る道

    息子が3歳〜5歳のときに繰り返し読んだ本。
    「アブナイかえちみち」は、女子は知らないけれど、多くの男子が通る道なんだと思います。
    まだ保育園児の息子は通学路を経験したことはないけれど、散歩に行くたびに「アブナイかえりみち」ごっこをするようになりました。ちょっと高い縁石を「地獄の平均台」と名付け、そこを通るたびに「右に落ちても左に落ちても命の保証はない」などと言いながら歩きます。
    最終的にはこの絵本のセリフをほとんど覚え、暗唱する姿は幼児とは思えませんでした。これは確かに絵本の力だなと思います。
    その昔、水曜スペシャルの川口浩探検隊シリーズが大好きだった40代のお父さん的にもドツボです。息子の度重なるリクエストに応えて、繰り返し繰り返し読み聞かせてくれました。お母さんとしても大助かりの絵本でした。何度読んでも飽きることなく、50回以上読んだ「買い」の絵本です。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさしく冒険物語

    ヒデ、コウ、マル、ノブ、タクは、ほうかごスペシャルたんけんたいのメンバーです。
    戦闘服に着替えて、いざ出発。
    なかなか、ハラハラドキドキの冒険劇が展開されます。
    時には、現実に引き戻され、ありゃりゃりゃという場面もあったり…
    放課後、いつもと違う道を通るワクワク感が、なんとも懐かしく思うことができました。
    なかなか、今のご時世では、通学路以外を通って下校なんて実現できそうにはありませんが、こんなことができる安心した時代が戻ってきてほしいものです。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • めっちゃ面白い!大ウケでした!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    「チンダ・ダラハ」を目指す小学生男子五人組の
    冒険の物語。

    目指す「チンダ・ダラハ」までの道々、
    「ンラズス」や「チマンホ」で遭遇する危険の数々!

    と、途中で冒険の種明かしがあり、
    息子は大笑い!

    種が明かされたあとは、
    本当の世界はどんなになっているのかを想像しながら、
    時々ちらっと見えるヒントにも大ウケしながら、
    最後まで一緒に冒険を楽しませてもらいました。

    や〜最後のオチにもかなり参りました。
    本当に面白い一冊で、
    是非小学生男子に読んで欲しい一冊です!

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の世界ってこうなんだろうな〜

    • えほんほんさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    いつも理解できないことの多い男の子の行動や考え。
    そんな男の子の世界を垣間見れる感じでとっても面白い本でした。
    男の子の頭の中ってきっとこんな想像でいっぱいなんだろうな〜
    っとわが子を思い出しながらプッとしちゃいます。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく!

    学校からの帰り道が「たんけん」になる想像力広がる絵本です。
    こんなふうに帰り道を感じながらの友達との下校はどんなに楽しいものでしょうか☆大人の私は羨ましくなりました。
    カラフルなイラストも印象的でした。
    わくわく面白い絵本ですね。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感想を聞きたい

    インパクトのある絵に、インパクトのある話し。
    とちゅう、何度も、ここは一体どこ?、とおいていかれました……。
    著者のメッセージに「愛すべきおばか男子の妄想ワールド」とありましたが、なるほど、こんな感じなんですね〜! 
    外で、こうやって想像力をつかってて遊べるなんて、なんて楽しそうなんだと思いました。
    一見、「絵本」と縁遠いような男子たちが主役の絵本。そんな男子たちにとって、頭の中を描かれたような絵本なんでしょうか? なんだか感想を聞いてみたいです。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おバカ男子の妄想

    ユーモアたっぷりの挿し絵に惹かれて手に取りました。
    そこはただの帰り道なのに・・・探検隊1号から5号の、秘境での探検がはじまります。
    それにしても、おバカ男子たちの妄想が炸裂しています。男の子って、こんなことして遊んでいるんだなぁと、なんだかとても新鮮でした。
    小さい子には、探検隊たちの独特の言い回しが難しいようでうまく読めないので、お姉ちゃんが弟たちに読んであげていました。読んでもらうと楽しさが増すようです。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット