なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

アブナイかえりみち」 みんなの声

アブナイかえりみち 作:山本 孝
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年03月25日
ISBN:9784593560851
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,802
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • さすが、男の子

    妄想が凄まじいです!
    でも、普通じゃない帰り道、とってもドキドキの冒険があって面白かったです。
    女の子だと、まずしないような危険だらけの帰り道は、さすが男の子だな!と思いました。
    息子もとても楽しんでいました!

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供の空想力が爆発しています

    確かにむかーし子供の頃はこの路側帯を飛び越えて落ちたら地獄に落ちちゃうかもとか想像して(よい子は路側帯に乗らないようにね!!)下校したりもしたけどこの絵本はかなり細かい描写で本当に古代の世界に引き込まれるようです。最後に空想の世界と現実の世界を見比べて照らし合わせてみると…とっても楽しいです。ネーミングも逆さ読み!!同じシリーズのアブナイおふろやさんの方が子供はよりお気に入りみたいです。
    危険に見舞われた4号を2号が助けるのとかドラマチックに描かれているのもまたおもしろいです。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の世界。

    • めらんこりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子1歳

    5人の男の子が、探検隊になって「チンダ・ダラハ」を目指します。
    途中で、メンバーがオババーン族に捕まったり、崖から落ちてしまったり。
    普段の通学路でこんな冒険ができてしまうなんて、男の子の想像力って無限大なんだろうなぁ。
    我が家の息子も、こんな風に毎日楽しく過ごしてほしいと思いました。

    掲載日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごっこ遊び

    小学校の帰り道をみんなで想像の探検しながら進んでいく・・・
    それだけなのですが、
    男の子の想像力って凄いなぁ(笑)と思いました。

    みんなで同じものを見て、同じものを想像して、
    どんどん想像が膨らんできて、すっごく楽しみながら、
    時には助け合い、時には慌てふためきながら進んでいく。

    ただ学校から帰るだけなのに、
    どうしてこんなに面白く出来ちゃうの?
    そしてどうしてこんなにも真剣なの(笑)?

    みんな仲良しだからこそ出来るごっこ遊びなのでしょうね。
    いいなぁと思いつつ、
    親目線では、自分の子供のことを思うと苦笑いしそうな、
    楽しいお話です。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の楽しい日常

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    あんまりに楽しそうに目的地にむかうから、てっきり秘密基地に向かうのかと思いきや、ハラダ団地が自分の家だとは…。
    男の子の目を通してみると、世の中こんなに楽しいのか!って感動できる絵本でした。
    息子は、どの道がどう描かれていたのか、何度も繰り返し比べて楽しんでいました。
    それにしても、男の子っておもしろい!

    掲載日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子ならわかるかな

    おふろやさんの方を先に読みました。ですので、今回はチンダ・ダラハにはすぐぴんときました!
    何気ないいつもの場所をこんな怪しいところを想定して冒険できるストーリーを考えられる作者の頭の中も、きっとまだまだ少年が残っているんでしょうね。

    私には、男の子のそういう気持ち、あまり理解できませんが、息子も、険しい道や、危ない砂利道、秘密基地のような空間、とても大好きなので、どこかでこんなワクワクを求めているものなのかもしれませんね。

    きっと、これはまだまだ続編が登場しそうな予感ですね。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 劇的な帰り道

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    単なる学校から家への帰り道が,男子小学生5人集まるとこんなにドラマチックでスリル満点になってしまうなんて面白いですね.
    普通の毎日の中から面白いこと,よく考えると実はすごいことを見つける能力に関しては大人は子どもにかなわないな.息子を見ていていつも思います.この本を読んでそりゃそうだなと改めて思いました.だって,いつもの帰り道がこんなに大冒険なんだから.
    うちの息子もなぜかいつも,歩道と道路を分けてる石のブロックとか歩いたり,棒が落ちてたら拾って地面を叩きながら帰ったりしています.それはきっと頭の中では冒険の最中だったからなんですね.
    今までは「早く帰るよ」とせかすことも多かったんですが,冒険の邪魔は極力しないよう大目にみてあげなきゃですね.

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • この世界、わかるのかいっ!?

    初めにパラパラと目を通した時、これは男の子の世界だな〜と思いましたが、娘にも見せてみました。

    服装も背景も、完全に男の子たちの頭の中の世界。
    でも娘は、すごく楽しめたようです。

    うちは、どちらかというと遊びの好みも男の子よりなので、もしかしてこれは、娘にとって日常なのかも…と感じました。

    掲載日:2016/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男子が通る道

    息子が3歳〜5歳のときに繰り返し読んだ本。
    「アブナイかえちみち」は、女子は知らないけれど、多くの男子が通る道なんだと思います。
    まだ保育園児の息子は通学路を経験したことはないけれど、散歩に行くたびに「アブナイかえりみち」ごっこをするようになりました。ちょっと高い縁石を「地獄の平均台」と名付け、そこを通るたびに「右に落ちても左に落ちても命の保証はない」などと言いながら歩きます。
    最終的にはこの絵本のセリフをほとんど覚え、暗唱する姿は幼児とは思えませんでした。これは確かに絵本の力だなと思います。
    その昔、水曜スペシャルの川口浩探検隊シリーズが大好きだった40代のお父さん的にもドツボです。息子の度重なるリクエストに応えて、繰り返し繰り返し読み聞かせてくれました。お母さんとしても大助かりの絵本でした。何度読んでも飽きることなく、50回以上読んだ「買い」の絵本です。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさしく冒険物語

    ヒデ、コウ、マル、ノブ、タクは、ほうかごスペシャルたんけんたいのメンバーです。
    戦闘服に着替えて、いざ出発。
    なかなか、ハラハラドキドキの冒険劇が展開されます。
    時には、現実に引き戻され、ありゃりゃりゃという場面もあったり…
    放課後、いつもと違う道を通るワクワク感が、なんとも懐かしく思うことができました。
    なかなか、今のご時世では、通学路以外を通って下校なんて実現できそうにはありませんが、こんなことができる安心した時代が戻ってきてほしいものです。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット