しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おみまい、おことわり?」 みんなの声

おみまい、おことわり? 文:ボニー・ベッカー
絵:ケイディ ・マクドナルド ・デントン
訳:横山 和江
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年01月
ISBN:9784265850327
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,610
みんなの声 総数 5
「おみまい、おことわり?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今回はねずみくんが

    『おきゃく、おことわり』『おたんじょうび、おことわり』を読んでとても楽しかったので、シリーズの他の本も読みたくなりました。
    いつもは素直になれないくまさんを、ねずみが上手に相手をしてあげてるという感じですが、今回はねずみのほうがちょっとずれている気がします。具合が悪い時は本当に放っておいてほしいですからね。
    最後にはとうとうくまくんのかぜがうつって寝込んでしまうねずみくん。ありゃりゃなのですが、くまくんがやさしくてホッとしました。やっぱりこのふたりはいいコンビなんですね。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当は仲良しな2人

    5歳長女に借りました。クマとネズミのこのシリーズ、他にもありますが長女も私も大好きです。

    今回のお話は風邪をひいてるクマのとこにお見舞いにネズミくんがやってきます。でも、静かにしてほしいクマくんと元気になってほしくていろいろやってしまうネズミくん。ネズミくんの一生懸命な姿が可愛いんだけど、でも怒られて可哀想になってしまいます。でも2匹のやりとりがとっても面白いです。なんだかんだネズミくんに言ってしまうクマくんだけど、本当はとっても優しいんです。笑えて、優しい気持ちにしてくれる絵本です。

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 凸凹コンビ

    このお話はおせっかいなねずみと、病気のクマが主人公のお話でした。くまはそっとしといて欲しいのに、かいがいしく世話をしているネズミの姿がかわいらしかったです。うちの子は、「またクマに怒られるぞ〜!」って言いながら笑って見ていました。

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • おみまいは思いやり

    小学六年生の朝読みで読みました。
    風邪でぐったりしているクマさんをおみまいに来た元気一杯のネズミくん。
    何をしても、クマさんをいらだたせるだけです。
    思いが噛み合わないところがお笑いですが、ネズミくんもふざけているわけではないのです。
    結局、ネズミくんに風邪をうつすことで元気になった クマサさんでした。
    高学年にはちょっと軽すぎたでしょうか?

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいコンビ

    マイナス思考のクマさんとプラス思考のネズミくんの愉快なお話。
    クマさんが風邪をひいてしまってとても落ち込みます。ネズミくんは元気にしようと頑張りますが、なかなかうまくいきません。

    いいコンビです。シリーズだそうで、ほかの絵本も読んでみたくなりました。
    外国の絵本らしいイラストタッチで、ほのぼのしています。

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット