おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

だいすき ぎゅっ ぎゅっ」 みんなの声

だいすき ぎゅっ ぎゅっ 文:フィリス・ゲイシャイトー ミム・グリーン
絵:デイヴィッド・ウォーカー
訳:福本 友美子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2012年12月10日
ISBN:9784265850372
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,119
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

55件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 毎日お昼寝の前に読んでいます。
    うさぎさんの「おはよう」から「おやすみなさい」までの1日を、クラスのみんなで読みながら楽しんでいます。
    お昼ご飯においしいパイを焼いたうさぎさんたち。それを覚えていたクラスのある男の子は、お母さんに「パイが食べたいの!」と頼み、一緒にアップルパイを焼いて食べたそうです。「うさぎさんとおんなじパイを食べたんだよ!」満面の笑みでそう教えてくれた男の子。それ以来、絵本を読むたびに「パイ食べたんだあ。おいしかったんだあ。」と言ってくれます。
    読んだあとは、必ずクラスの全員と「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」ハグタイム。
    恥ずかしがり屋の子も、この瞬間ばかりは一目散にわたしの胸に飛び込んできてくれます。それがとってもかわいい!!
    クラスの子どもたちと、心を通わせるきっかけをくれた、わたしにとって大切な絵本です。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぎゅってすると

    4歳の娘が図書館から借りてきた本。

    表紙のかわいらしい絵に惹かれて
    選んだのかな・・・と思っていました。
    一緒に読もうとしたら、
    「ぎゅってさすと。」
    と、もうお話をしっている様子。

    「読んでもらったの?」
    「うん。幼稚園でね。」

    園で読んでもらった絵本を
    たくさんの図書館の本の中から選んでいたことに
    驚きました。

    朝から
    「起きて」
    「顔をあらって」
    「髪をとかして」
    「着替えて」
    うさぎの親子と私たち親子していることは同じ。
    でも、うさぎさんは一日になんども
    「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」
    と抱き合います。
    でも、我が家は・・・
    「急いで 急いで」
    「自分でがんばってごらん。」

    年中さんに進級した娘。
    (うさぎさん、ぎゅっていいな。)
    と思っていたのかも・・・。

    (明日は、朝起きたら「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」しよう!)
    と思ったバタバタ母さんでした。

    きっと読めば
    あなたもぎゅっとしたくなりますよ。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子で抱っこ

    甘ったれの3歳なりたての息子に図書館で借りました。
    彼はだっこが大好き。

    これは、ウサギの親子が何度も抱き合って「大好き」と言い合う絵本。
    これを読みながら息子をたくさん抱きしめたら息子は喜び、
    何度も「読んで」と持ってきました。
    やっぱり子どもって抱っこが大好きなんですね。

    親も子も「本を読む」という大義名分のもと、たくさん抱っこができるので楽しいです。
    うちは、いつでも抱っこし合っていますけれど…。

    ただ、この本はお母さんと子どもしか出てきません。
    お父さんと思われるウサギのいる、家族写真がありますが。
    息子は「パパはお仕事しているのかなー」と言っていました。
    パパも抱っこしたいですよね。

    掲載日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子揃って大好きな1冊

    書店で見かけて、とても可愛らしい絵に惹かれました。

    だいすきぎゅっぎゅっという箇所で息子を一緒いぎゅっと抱くと、絵本に顔を向けたまま、口元だけにこにこ笑っていました。
    最初は少しリズム感の悪さを感じることもありましたが、何度も読んでいるうちに気にならなくなりました。

    今はすっかり息子のお気に入り。
    朝の忙しい時間帯にも、この本を持ってきて読んで読んでとせがんできます。
    最近は私のカバンに常備されている絵本です。

    読む度にやさしい気持ちにさせてくれる絵本で、私も息子も大好きな1冊です。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • しあわせ時間

    朝「おはよう」で目覚めてから夜「おやすみなさい」で眠るまでのうさぎの母子が「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」と抱き合ってとってもかわいい1日が描かれています。
    時計のイラストもあり、子どもが身構えることなく、数字や時間への興味を持つことが出来きると思います。

    お話の内容もさることながら、柔らかい色彩とほっこりする母子のうさぎさんの絵がなんともかわいい。

    娘は小学1年生で、ぎゅっとすることも最近なかったんですが、久しぶりにハグしたくなり、ぎゅっと抱きしめました。娘は嫌がるかなと思っていましたが、とってもうれしそうでした。幸せ気分になりました。

    素敵な時間をくれた絵本に感謝です。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぎゅっ ぎゅっ

    5歳の孫は、「ぎゅっ ぎゅっ」が大好きで、小さい頃から、常に「ぎゅっ」とする習慣がついていていいなあって思っています。この絵本のように、何回も「ぎゅっ」ってしています。この絵本を読みながら、孫に「ぎゅっ」って、照れながら出来るのでとても幸せな絵本です。

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • うさぎのおやこの一日

    うさぎのおやこの一日が描かれています。
    朝起きてから、ベッドの入るまでの時間の間に
    おうちで遊んだり、お外に散歩にいったりと
    いろいろなことをしますが、そのあいだには
    おつぎはなあに と だいすき ぎゅっぎゅっ!が何度も出てきます。
    満ち足りた一日という感じがします。
    絵もとてもかわいくて大好きな絵本です。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せいっぱい☆毎日読みたい絵本

    子どもを抱き締める時間は、あたたかくて、優しくて、良いにおいで、やわらかくて、とってもとっても幸せなかけがえのない時間。

    今はまだ子どもが小さいので、一日に何度も抱きしめる時間があるけど、この幸せな時間はきっと少しずつ減っていってしまうんだろうな。

    だから今は少しでも、子どもをぎゅーーっと抱きしめていたい。
    一日の中で何回でも!

    この本を息子に読みながら、うさぎさん親子と一緒に「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」と息子を何度も抱きしめています。
    (若干いやがられることも多々。笑)

    絵本の中に出てくるフレーズで、「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」のあとにある、「うれしいな もういっぺん」が、私は特に好き!

    息子を抱きしめていられるこの時が、本当にうれしい!もういっぺんどころか、何度でもぎゅっぎゅっとしたくなります。

    息子も幸せに感じてくれていたらいいなぁ。
    我が家では、どちらかというとママのための絵本です。笑

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが可愛い

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    最近デイヴィッド・ウォーカーさんの絵本を読み、
    絵が可愛く気に入ったのと、
    何かの本でおすすめされていたので図書館で借りてきました。

    この本を読むときは、
    「寝ころんで腕まくらして」と言い、
    「だいすきぎゅっぎゅ」のところでは
    「ぎゅっぎゅして」とかわいくぎゅうを求め、
    「もいちどだよ」と何度でもぎゅうを素直に求めてくるのが可愛く、
    最近おにいちゃんらしくなり成長したなあと思っていても
    こんなふうに抱っこを求めてきて可愛いなあと思えるし、
    我慢させているところもあるのかなと反省し
    もっと子どもを見つめていこうと思いました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぎゅっ」できる幸せ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    一日中一緒にいても、
    1,2時間に一回は娘を「ぎゅっ!」としたくなる私。

    もちろんこの絵本を読んでいる間も、
    絵本の「ぎゅっ!」にあわせて、
    娘を「ぎゅっ」。

    きゃぁーまたなのぉ〜!?と言いながらも、
    嬉しそうな娘。嬉しい私。

    「ぎゅっ」は、とっても幸せになる不思議な魔法。
    「ぎゅっ」できる幸せを噛みしめた一冊でした

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

55件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。


入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット