雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

一さつのおくりもの」 みんなの声

一さつのおくりもの 作:森山 京
絵:鴨下 潤
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2012年11月29日
ISBN:9784061981904
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やさしい

    クマタの優しさや思いやりに触れて読んでいて、とても優しい気持ちになれる絵本です。自分の一番大好きな絵本を手放すことは、なかなか出来ることではないので、感心してしまいました。うさぎさんにもそんな気持ちが通じたのか、御礼のお手紙を送ったので、そんな二人に見習いたいと思いました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい

    息子が気に入った本です。
    こぐまくんと同じで何度も何度も繰り返し読んでいます。
    私も読みましたがとても優しいお話でした。
    こぐまくんは自分の大好きな本を手放したけど、自分に同じことが出来るかといえば、多分出来ない、かも。
    本を手離したあと、届いた手紙もすてきで、息子が何度も読み返す理由がわかったような気がしました。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやりの気持ち

    このお話は、自分の大好きな絵本中の優しい主人公のように相手の事を思いやっている小熊のお話でした。この小熊は洪水に襲われた村の子供たちに贈り物をするときに、自分が一番大切にしていた絵本を贈ります。でも、数日してその絵本を受け取った子からお礼の手紙が届くのです。自分の大切なものを人にあげてちょっとさみしい気持ちにもなりますが、こんな暖かいお礼をもらって微笑んでいる小熊を見て感動しました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本

    クマタのお気に入りの絵本「かいがらのおくりもの」。
    一日に一度は手に取り、文も全部覚えているくらい大好きな絵本。
    ある日、やまのむこうのふかみどり村で水が溢れ出し大変なことになってしまいました。
    クマタたちは、そんなお友達のために、何が出来るだろうと考え、自分たちの大好きな漫画を一冊ずつあげよう!ということになりました。
    クマタは悩んでしみひとつ見当たらない絵本は「かいがらのおくりもの」だけ。クマタが大好きな絵本。あげたいけど、どうしようかとかなり悩んだけど、あげることにしました。

    ひとつのものを大切にする心。
    この絵本を読むと、心温かくなりました。
    子供も大好きで、よく読む絵本です。
    絵も可愛くて、とても良い絵本です。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいお話しです

    言葉も物語も、とっても優しいお話し。
    大切に丁寧に作られた作品なんだろうなぁ、と感じました。

    クマタは、大好きな一冊の絵本を持っています。
    毎日毎日読んでいて、とっても大事にしているのです。
    絵本に出てくる動物に
    「きみたちとってもいい子だね、ぼくは大好きだよ。」
    なんて話しかけて、優しくなでるクマタの姿がとっても愛おしい。
    こうやって本を大切にするのって、良いなぁと思いました。

    ある日、となりの村では大雨が降ります。
    村は水浸しで大変!
    パパ達が村の復帰を手伝いに行く中、クマタや友達は何かできることはないかな?と考え、本を一冊ずつ贈ることにしました。
    さて、クマタは何を贈るでしょう?
    悩みに悩んで・・・そう、あの大切にしている絵本を贈ることにしたのです。

    一番好きなものを誰かにあげるって、すごく尊いですよね。
    クマタの絵本を受け取ったうさぎさんも、その気持ちをしっかりと受け止めて、「ありがとう」のお手紙を送るのも素晴らしく、学ぶものがありました。
    贈り物をした後の喜びのシーンがしっかりと描かれているのが、また良いなーと思いました。

    この本を読んだ後、早速私も真似して一番のお気に入りを友人へプレゼントしました。
    クマタくん、大切なことを教えてくれて、ありがとう!と、撫でたい気持ちです。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが / まくらのせんにん そこのあなたの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット