ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?

おじいさんのしごと」 みんなの声

おじいさんのしごと 作:山西 ゲンイチ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年01月21日
ISBN:9784061325357
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,729
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  •  亡くなったケンタくんのおじいさん。
     行った先は「人間の天国」ではなくて、間違えて「ねこの天国」。
     また別の長い長い階段を上るのも大変だと、ここにいることに決めてしまうおじいさんに笑ってしまいました。
     
     ところが、ある仕事を任されてしまうおじいさん。
     えっ、天国に行ってもまだ働かせられるの〜〜〜?
     って、ビックリ!
     
     任せられる仕事がなかなか決まらず気を揉みましたが、ピッタリの仕事が決まってよかった〜。

     エンデイングは、おじいさんとケンタくんがきちんと繋がっているという素敵なものでした。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 極“楽”じゃない??

    長い長い生涯を終えて、安らかに眠りについたおじいさん。
    これからは、ゆっくり・・・、えっ!?また果てしない階段を登るの〜??過酷〜!!
    おじいさん、ようやく天国に辿り着いたと思ったら、ネコの天国。
    登りなおさず、「ここでいい」と思ったおじいさんの気持ちわかります(笑)
    その上、今度は仕事???同情さえしてしまいそうな展開に最初はビックリ☆
    よくよく考えると、戒名をもらい仏門に入るのだから、あたり前なのか・・・。極楽浄土も楽じゃない!

    絵や、ネコ達の動きがすごく可愛くて、見ているだけでも楽しいです♪
    天国での仕事や、死んだもの、これから生まれるものの区別があったりして、ナルホドなぁ〜と感心しました。
    今度、仔猫にあったら、顔をよく見てみないと!!
    娘も、お気に入りの一冊です☆

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 天国でも 役割が有るんですね

    てんごくでだって どこでだって しごとは しなけりゃなりません

    こういわれて エッ!天国いったら もう ゆっくり休んでいいと思ったのに・・・

    おじいさんが死んで天国の階段昇ってる なんと ネコの天国へ来たなんて   おもしろい展開に (ねこも死にますし 天国有るんだ)

    おじいさんは しろねこに 仕事をお願いされるのです
    ねこの もようかき かみがたを書く仕事は失敗・・・
    お客をおこらせてしまって 落ち込むおじいさん
    思いついたのが 孫のケンタのことば 「わしのちょびひげがすきだって いうてくれた」
    なんと 「ちょびヒゲや」?  
    これが大繁盛で みんなに喜ばれ ヒゲを書いてほしいネコの行列 すごい! まあこんなにたくさんのねこ それぞれ顔が違う

    かわいいな〜   おじいさんのひげは ユニークです
    笑えてきます ねこたちの顔みたら
    てんごくでも お仕事がんばってる おじいさん ごくろうさんです

    でも・・・ 死んでしまった天国の世界はどんなのかしら?
    想像するとおもしろいですね
    死を悲しみ 涙するのですが・・・・
    この絵本読んだら おかしくて 死の世界も楽しいのかな?と思ってしまいました

    ケンタくん おじいちゃんが死んだときいっぱい泣いたけれども
    子猫が3匹生まれて ニッコリ  おじいさんのひげもちゃんとついてるね

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 天使の羽

    ケンタくんのおじいさんは、天国に行ったのに、間違えてねこの天国に行ったのが微笑ましくて笑えました。ねこの苦手な私ですが、どのねこもとても可愛く画かれているので顔がほころびました。おじいさんも天国に行ってまでも仕事があってちょっぴり羨ましかったです。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぼくもこの仕事したい!

    人間の天国に行くはずが…
    おじいさんなぜだかネコの天国にきちゃいました。
    さてここでおじいさんはどんな仕事をするのでしょうか?

    ネコしかいない天国で仕事しなくちゃいけないと言うお話しです。

    息子は絵本を見ながらネコの違いに気がつきました。
    羽根があったり頭に輪があったり…
    読んでいるとなるほどね〜と親の私も納得しました。

    そしておじいさんはピッタリの仕事をみつけました!
    息子も同じ仕事がしたい!って楽しそうな顔で言っています。

    現実世界ではない仕事だけに興味深いようでした。

    おじいさんの仕事の仕上がりは可愛かったり少しヘンテコだったりとネコたちの顔見て笑えました。

    お話しの最後がとっても素敵な作品でした。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじいさんのお人柄

    なんとも人のよさそうなおじいちゃん
    猫好きなのかな?
    あれ?おじいちゃんは、死んじゃったの?
    ケンタくんの悲しみからの脱却は
    ねこちゃんのようです

    って、おじいさんは
    羽が生えているのに
    歩いて階段を登ってる

    表紙のおじいさんは、素敵な帽子を被ってますが
    帽子を取ると
    筆のような髪(^^ゞ

    「ねこのてんごく」\(◎o◎)/!
    羽があるのと、ないのがいるよ・・・
    と、説明があり、納得

    仕事場・・・

    カバーにも書いてあった言葉

    「てんごくでだって
    どこでだって
    しごとは
    しなけりゃなりません」

    ひょぇ〜\(◎o◎)/!
    大変なことです

    でも、いろんなねこがいっぱい
    好きなことしていたり
    並んでいたり

    で、おじいさんのすごいところが!!
    最初から言わないところがいいです
    おじいさんのお人柄がわかります

    そして、最後は春・・・

    いいお話でした

    掲載日:2013/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  •  ネコ好きにお勧めします。

     ケンタくんの死んでしまったおじいさんはどこでまちがったのか、ねこの天国に着きました。天国でも仕事をしなければならないんですって。びっくりしましたが、案内のしろねこに連れられ、模様を描く「もようや」の仕事を始めますが筆が合わずうまくいきません。次の「かみがたや」でもうまくいかず、孫のケンタくんが大好きだったことからちょびヒゲを描く「ちょびヒゲや」をオープン。筆はしろねこしっぽを借りて、大繁盛。

     う〜ん?、ネコにちょびヒゲ?あっ、うちの子にはありませんでした。でもよそのネコにはあります、あります。左右対称でなかったり、ちょっと変だったり、あるいはそれが味になっていたり・・・かわいいです。
     縁があったり、最後までほのぼのとするお話しです。 

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 天国で大忙し

    おじいさんが天国に行くところからはじまるお話ですが
    このおじいさんは、何かのまちがいで、猫の天国に来てしまいました。
    私なら、進んでここに来たいかも、と思います。
    どこもかもねこだらけです。天使になった猫も、これから生まれる猫もいます。
    おじいさんは、お仕事を始めますが、なかなかうまくゆきません。
    最初から、一緒にいて、案内してくれた白猫さんは、とても親切だなあと思っていたら、それもそのはずです。
    いやあ、私も会えるかな、会いたいな、、。
    おじいさんのお店は繁盛します。
    そして、孫の男の子のところに、生まれたねこちゃんたちは
    おじいさんのお客さんだったのですね。
    おじいさんは、毎日忙しそうです。

    掲載日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと感動しました。

    6歳長女に読みました。とっても可愛い絵に魅かれて借りたのですが、お話も良かった!この可愛いおじいちゃんケンタくんのおじいちゃん、実は死んでしまったんです。死んでしまったおじいちゃんが、間違ってネコの天国に行ってしまい、そこでお仕事を見つけるんです。このおじいちゃんのお仕事がまたちょっと笑ってしまうんですが。でも、最後にほんわか温かい気持ちにさせてくれます。私は感動してしまいました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天国のはなし

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    1ページ目から
    「ケンタくんのおじいさんは死んでしまいました」で始まります。
    その衝撃にそわそわしたまま
    読み進めました。
    でもお話はとってもコミカルで楽しいものです。
    にんげんの天国じゃなくってネコの天国にいっちゃったおじいさんなのですが
    階段を上りなおすのが面倒くさいので
    この天国でいいというのです。
    そしてネコの天国でいろんなおしごとをします。

    天国にいるのが死んでしまったネコと
    これから生まれてくるネコというのが
    新鮮なのになぜか納得できました。
    たのしい天国のおはなしです

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / 給食番長 / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット