だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

生きとし生けるもの」 みんなの声

生きとし生けるもの 作・絵:M.B.ゴフスタイン
訳:谷川 俊太郎
出版社:ジー・シー
本体価格:\1,500+税
発行日:1990年05月
ISBN:9784915619304
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,290
みんなの声 総数 4
「生きとし生けるもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しく心に響く文章

    ゴフスタインの絵本にハマって、いろいろと作品を読んでいます。
    こちらの絵本は、特に谷川俊太郎さんの訳文に、しびれてしまいました。一文一文がとても美しく、心に響きます。「豊かさをわかちあおうと 私たちは生まれてきたのに」という言葉は、とくに胸に響きました。
    現実の厳しい部分を突きつけられて、少しドキドキしてしまいましたが、ラストには穏やかであたたかい気持ちになれてよかったです。

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の大切さ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    人間のなかには自分達が一番偉いと感じ、自然を無駄に壊したり、他の生き物を犠牲にしたりするものが少なくないです。

    でもこの地球は生きているみんなのものであって、自然があるからこそ私たちは生きていけるんですよね。
    そんなことを改めて感じることのできる絵本です。

    とてもシンプルでかわいらしい絵本なのですが、すごく重みのある内容だと感じました。
    私たちが自然を大切にし、命を大切にすることができたら、この星は平和で幸せに包まれるのではないでしょうか。

    掲載日:2009/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい絵と簡潔な言葉

     友人からプレゼントされて読んだ絵本です。やさしく、あたたかい絵にそえられた簡潔な言葉をじっくり読むと、人も自然の一部として、地球に住む全ての生き物と分かち合いながら生きていくことの大切さを教えてくれます。時々、ざわざわした雑踏の中で、自分を見失いそうな時に、声を出して繰り返しゆっくり読むと、心がだんだん落ち着く不思議な絵本です。おとな向けの絵本としておすすめの1冊です。

    掲載日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球の恵はだれのもの

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    高学年以上ではないと、むずかしい内容ですが、とても大切なメッセージなので、
    多くの子どもたちに、手にとってもらいたいです。

    宇宙の中の地球は、平和に見えても、実際には戦争もあるし、
    貧富の差も大きいし、地球の恵は人間だけのものではないと、書いてあります。

    地球に生きるすべての命は、平等でその恩恵をうける権利があるのですね。

    めずらしく、色のある絵です。
    淡い色合いが、ほっとする絵本です。

    掲載日:2006/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット