だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ピアノ調律師」 みんなの声

ピアノ調律師 作・絵:M.B.ゴフスタイン
訳:末盛千枝子
出版社:すえもりブックス
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784915777363
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,795
みんなの声 総数 4
「ピアノ調律師」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなか本格的ですよ!

     実は私自身がピアノ調律師。
    主人公の女の子と同じように、ピアノを弾くより中身に興味を持ったのは小学生の時でした。
     文字も多く、小さいお子さんには難しいですが、ピアノを習っている小学生の中学年からなら、「いつも音が鳴っている黒い箱=ピアノ」の中身がこうなっているんだ…とか、ピアノには演奏する人以外に直す人もいるんだ…と興味を持ってもらえると思います。

     調律の方法は日本で主流になっているものと異なりますが、ちゃんと注釈もあったり、最終頁には工具のイラストもあってびっくり!
     大人にとっては、大人の期待と裏腹な方向に向いていく子供の興味を、認めて受け入れる事も必要なんだ…と思わせられます。

     おじいさんが専任しているピアニストのおじさんのプレゼントが、女の子には何よりだったと思うし、この女の子はこの出来事を励みに、きっと調律師さんになるだろうと思いました。

    大人としては、子どもをこんな形で励ましてあげられたらいいですね。
     
    私自身の2歳の子供が、もうすこし大きくなったら読んであげるのを楽しみにしています。
     職業紹介の本としても参考になりそうです。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ピアノ調律師のルーベン・ワインストックさんは、世界一の調律師です
    孫のデビーとの朝の暮らしぶりが なんとステキに描かれているんでしょう!
    彼女の両親が亡くなり おじいさんと暮らして2年 彼女はおじいさんの 調律師の仕事ぶりを見て育ったのですね
    おじいさんは 孫をピアニストにしたいと思っているのですが
    デビーは おじいさんのようにピアノの調律師になりたいと夢をふくらませているのですね 
    おじいさんの 孫への愛情がたっぷりで、目頭がウルウルするような気持ちになりました
    有名なピアニストが、演奏会を開いて 街中の人々の拍手喝采を浴びます。デビーももちろんおじいさんと一緒に聞くのです。デビーは調律師になりたいという夢を叶えるのでしょうね!
    いいおはなしだな〜  長いお話で 高学年の子供に一人で読んで欲しい本です。 もちろん大人にも
     デビーのようにはうまく仕事が見つからないかも知れませんが  どんな 仕事でも 自分が好きな仕事を見つけられたら 最高ですね! 爽やかな気分になれました      

    メンデルスゾーンの「夢」や バッハの「幻想曲とフーガ」などこの本に出てくる曲を生演奏で聴いてみたくなりました
    デビーは調律になっているでしょか
    おじいさんを世話しながら・・・・

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の好きなこと

    おじいちゃんと同じ、ピアノ調律師になりたいデビーと、デビーにピアニストになってほしいおじいちゃん。どちらの気持ちもわかるようなきがします。自分の好きことを見つけられたデビーは幸せだなと思いました。
    シリアスな場面も、シンプルでほのぼのとした絵でほっとします。
    調律の道具もめずらしくて、おもしろかったです。

    私と子供の趣味がちがっても、さえぎってはいけないと、あらためて思いました。

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの夢、大人の託す夢

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    ピアノが好きな娘に読ませようと、図書館で借りてきました。
    幼くして両親をなくしたデビーは、ピアノの調律師のおじいちゃんに引き取られます。
    おじいちゃんは、デビーにピアニストになってもらいたいのですが、
    デビーはおじいちゃんのような、立派な調律師になりたいのです。

    子どもがなりたい夢と、大人がなってもらいたい夢は違うものです。
    でも、デビーの決心はまったく揺るぎません。
    周りの人たちからも、後押しされて、おじいちゃんは孫娘の夢を手助けすることを決心します。

    小さい頃から、自分のやりたいことを見つけるだけでも、幸せなことだと思います。
    その夢に向かって、自分なりに努力し、勉強しているすがたに、感動します。

    自分が何がしたいのか悩んでいる子どもに、その親に読んでもらいたい本です。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット