だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

アリゲイタばあさんは がんこもの」 みんなの声

アリゲイタばあさんは がんこもの 作・絵:松山 円香
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年12月
ISBN:9784097264927
評価スコア 4
評価ランキング 18,561
みんなの声 総数 6
「アリゲイタばあさんは がんこもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図書館の新刊のコーナーで見つけて借りて読みました。
    絵本デビューの作品とのことで おめでとうございます!

    アリゲイタばあさんはがんこもの
    怖い顔しているワニのおばあさんですね 絵もすごく丁寧に描かれていてすごいな〜と思いました!

    見応え有りますしインパクト大です。

    はないきのところなんか まあなんて怖いと思えましたが・・・
    お話しの流れでは きらわれもの?なんてありましたが

    がんこなおばあさんの態度とは裏腹な心を持っているのが分かります

    あみものじょうずで みんなに マフラーをプレゼントするなんて やっぱり やさしい おばあさんなんですよ
    顔は怖いんですけれどね

    オチは みんながパーティーして  おばあさんも 嬉しそう!
    みんなのもニコニコしておばあさんが大好きなのが分かり嬉しくなりました

    ほ・ら・ね!

    これからの作品にも期待していますよ

    楽しみで〜す

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • インパクト大!!

    この絵本の表紙はとってもインパクトがありました!!うちの子は表紙に一目ぼれ!!アリゲイタばあさんの表情がいつもぶっきらぼうなのですが、みんなにすかれていて、とっても素敵なお話だと思いました。うちの子はこのおばあさんのファンになっていました。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当は優しいおばあさん

    パンチのあるアリゲイタおばさんの絵に魅かれて借りてきました。

    5歳次女はおばさんの絵のインパクトに驚いていました(笑)中身はおばさんのがんこさでいっぱい(笑)でも、不器用なだけで優しさもいっぱい。人を外見で判断しちゃいけないなーと思いました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリゲイタばあさんはがんこもの。

    だからいつもみんなを困らせるけど、わざわざ誘いに来てくれたりおすそわけに来てくれたり…

    何だかんだでアリゲイタばあさんの家を訪ねに来てくれるんだから、とっても愛されているんですね!
    いつの間にか、家出したねこも帰ってきているし!

    そんなみんなに、こっそりマフラーをプレゼントすることにしたアリゲイタばあさんだけど、家の前にマフラーをかけて「プレゼントじゃない すてるだけ。」って…
    もう!素直じゃないなぁ! 可愛いなぁ!(笑)

    おおきいマフラー、ちいさいマフラー
    無意識にみんなの事を考えて編んだマフラー。
    きっと「いつもありがとう」のメッセージか込められているんでしょうね。

    最後マフラーをもらった動物たちの嬉しそうな顔を見て、それでも表情はずっと変わらないのね。と思っていたら…

    あれれ…?ばあさん、口元ちょっと緩んでる?

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑固というより…

    決めたらテコでも動かないし、間違いだって認めない。
    このおばあさん、頑固というより偏屈かなという気がしました。

    そんな気がしてしまったので、ページがかわるたびに、
    「アリゲイタばあさんは がんこもの」で始まる文章に、ひっかかってしまう自分がいました。

    まぁ、頑固であれ、偏屈であれ、悪いワニではありません。
    みんなにも慕われているようです。

    もしかすると、頑固でも偏屈でもなく、“不器用”かも!?

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外見で判断してはいけません。

    表紙いっぱいの強面のアリゲイタばあさん。自分から手にする子供はいるのかしらと心配してしまうほど。怖いもの見たさ・・・から手にするのかしらと又まだ心配しながらも読み始めました。
    頑固者と表されている通り、アリゲイタばあさんは一癖二癖ありそうです。普通の大人のように子供達のご機嫌取りはせず、只々一人ぼっちで寂しくってもやり過ごす。つまらなくっても編み物をしながら考え事。ちょっと素直じゃない、へそ曲がりなあまのじゃく「ばあさん」でも読み終えると可愛らしいおばあちゃんに見えてくるのが不思議な絵本でした。人間界にいろんな人がいますものね。まずは動物界の外見は強面の「アリゲイタばあさん」と出会って見てはいかがでしょう。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット