だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

もんばんアリと、月」 みんなの声

もんばんアリと、月 作:さとみ きくお
絵:しおた まさき
出版社:長崎出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年12月25日
ISBN:9784860955298
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「もんばんアリと、月」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • せつないもんばんさん

    「兵隊ありって、いるんだよ」と
    小さい頃の息子が教えてくれたことがありました
    とっても、自慢げに

    「もんばんアリ」???
    そんなアリもいるのでしょうか?

    表紙を開くと
    説明があります
    本当にいるようです

    アリの生態、集団行動もなかなか興味深いところ(^^ゞ

    スリムなはたらきアリに比べて
    かなり頭の大きなもんばんアリのおじさんとぼく
    ばかにされています

    なぜ?

    ものすごい仕事をしているのに
    みんなを守っているのに・・・

    先輩の話がまた、せつない

    憧れと、自分の役割と
    ぼくもおじさんも、想像でしか
    その世界をしらないのでしょうか

    「穴」を守る

    アリの穴と
    月がそう見えるのか
    地球の穴を守る・・・

    地球のもんばんになるアリとしての誇りなのでしょうか

    役割を終えたおじさんは、どこに?
    先輩は、どこに?

    とってもせつない気持ちになってしまいます

    絵が幻想的で、イメージぴったりです

    大学4年生になった息子
    「美談過ぎる」とのこと・・・(+_+)ゞ

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も子供も大好きに

    イラストの塩田雅紀さんの絵が大好きでした
    絵本の挿絵ということで、早速購入
    表現力のある色使いが、物語とマッチしています。
    大人が読むと、思いをかみしめる感じです。
    子供は頭の大きいもんばんアリさんに大興奮です。
    今では一日に何度も『ママよんで』と必ず読んでと持ってきます
    一番お気に入りの絵本です。
    最近は2歳半ながら、自分でぬいぐるみを並べて
    読み聞かせています(笑)
    字の読めない子供が、覚えてしまうほど読み聞かせしてるって
    事ですよね。
    この子が、大きくなって大人になってからも
    読み返して欲しいお勧めの1冊です。
    友人数人にも子供のお誕生日に送って喜ばれた絵本でした。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット