モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

わっ」 みんなの声

わっ 作・絵:井上 洋介
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年12月25日
ISBN:9784338261081
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,846
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんなビックリ

    このお話は、いろいろな物がおじいちゃんを驚かせるお話でした。いろいろな生き物がでてきて、ヘンテコな方法で驚かせる様子がうちの子はとっても面白いって言っていました。字数は少ないのですが、小学生も楽しめると思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんなんだよ〜

    おじいさんが通りかかると、突然「わっ!」。
    あっちでも、こっちでも、「わっ!」。
    そのたびにおじいさんは、ビックリ!!

    しかも、驚かせてくるのは、人間ではないのです。
    あんなもの、こんなもの!
    これは、気が抜けない(笑)
    あんまり驚かされすぎて、慣れちゃうおじいさんの姿も面白かったです。

    「まったく、なんなんだよ〜今日は…」という、おじいさんのつぶやきが聞こえてきそうです!

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • わっ!

    井上さんの絵本の中でおじいさんが主人公なのは、『わっ』と『いもしょって』。

    お散歩好きな井上さんらしくこの本もお散歩で出会う不思議なものたちが出てきます。

    実際にはあり得ませんが、町歩きをしているとなんでこんなところにこんなものがという不思議な出会いがあるような気がします。

    そんな不思議なものが多い中、まごが「わっ」と迎えてくれるのは、なんだかとっても暖かい感じがしました。

    子どもなら、これを読んで「わっ」と人を驚かせてみたくなるような、遊び心もつまった一冊です。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次はなんだろう

    3〜5歳児に読みました
    おじさんが歩いていると「わっ」といろんなものが驚かしてきます
    それは、まどだったり、ねずみだったり・・・
    子どもたちの間で「次はなんだろう・・・?」と囁く声が聞こえてきます
    単調なお話なので3歳児には向いていたものの、年長児には物足りなかったかも・・・
    イラストは線が多くて大人数に読み聞かせするには、見づらいかもしれません

    掲載日:2013/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット