モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

かげ」 みんなの声

かげ 作:新美 南吉
絵:鈴木 靖将
出版社:新樹社
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年02月
ISBN:9784787586322
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
「かげ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 挑戦

    新美南吉が、何を言おうとしていたのか私にはわからないのですが、私なりに考えてみました。カラスは、賢い鳥だと私は思っているので、カラスが、自分の影への挑戦にちょっとびっくりでした。負けず嫌いで、命尽きるまで戦い続けたカラスは、命は失ってしまったけれどきっと後悔はしてないと思いました。でも、読むたびにいろんなことを考えてしまいそうです。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分と勝負

    このお話は、水面に映っている自分の影と一生懸命に勝負するカラスのお話でした。自分の影とも知らないで会話したり勝負したりしている様子が、うちの子には面白かったみたいでゲラゲラ笑って見ていました!!最後には力尽きて死んでしまっていたのですが、死んでしまうほど一生懸命動いていたことにうちの子はビックリもしていました。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • タブーを取り入れる

    じぶんの影と競争したカラスが、最後には死んでしまうというお話でした。
    最初に読んだ時、ストレートな“死”の表現にドキッとして、娘に読むか読まないか迷ったのですが、深い作品なので読んでみました。

    娘にとっても、“死”という結末は予想外だったようで、二度見していました。
    なるほどと納得した娘は、「おもしろい」と言っていました。

    愚かさや、強すぎる自意識への忠告を含めたこの作品。
    衝撃的ですが、こころに残る良い作品だと思います。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何を感じるか・・・

    新美南吉さんのお話は色々有名ですが、
    この「かげ」というお話ははじめて読みました。

    正直、ラストは衝撃的でした。
    1羽のカラスが自分の影と競争する。
    負けるものかと自分の持てる力の全てを使って必死に飛ぶ。
    体の血がみんななくなるまで…。

    最後のページの
    「つぎのあさ、もりへ木をきりにいった木こりが、
     もりのそばのくさはらのうえに
     からすが一わ しんでいるのをみました」
    という終わり方・・・。

    この本が伝えようとしていることは何だろう?
    南吉は深層心理学を学んだということですが、
    この本の発するものはとても深く広いものだと思いました。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分に挑む

    寓話として、とても簡潔でよくできたお話だと思います。
    自分の影と競走しようとしたからす。
    それが自分自身だとはわからぬままに、力を出し尽くして、最後には死んでしまいます。
    ばかだなと思うのは見るものだけで、当人は真剣なのです。
    いく様にも読み取れるお話。
    影は自分にとって何だったのでしょうか。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット