ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

こんな家にすんでたら 世界の家の絵本」 みんなの声

こんな家にすんでたら 世界の家の絵本 作:ジャイルズ・ラロッシュ
訳:千葉 茂樹
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年02月05日
ISBN:9784034253403
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,443
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 建築物に興味のある子に特におすすめ。
    世界中のいろいろな家が温かみのある絵とともに紹介されています。

    それぞれに材料、建てられた時代、場所など豆知識がいっぱいです。
    どの家にも、「こんないえにすんでたら〜」ではじまる文章があります。この文章を読むと自分がその家にいるかのような気分になれます。
    想像力をかきたてられます。

    自分が住んでみたい家をみんなで話しながら読むと楽しさも倍増するかもしれませんね。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 息子が大好き

    まだ少し早いかなぁと思いつつ、4歳の息子に読んであげたら、意外にも気に入ってしまったようで何度も読んでとリクエストされます。
    世界中の面白い家を紹介してくれるこちらの絵本。親の私たちも読みながら「えー!こんなおうちがあるんだね!」と驚くことが多々ありました。
    世界って本当に広くて、私たちが当たり前と思っている事が海外では必ずしもそうではない事、世の中には色んな生活をしている人がいて、色んな考えを持っている事を、この絵本を通して感じ取ってくれたらなぁと思います。
    数ある家の中でも、息子はツリーハウスとキャンピングカーに憧れたよう。こんなおうちに住めたら良いね。

    掲載日:2016/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 異文化体験

    4歳の息子と読みました。
    彼には面白かったようですが、内容はちょっと難しかったかな。。

    ペーパークラフトで世界の様々な家が見開きで描かれています。
    温かい質感で、影もあり、迫力があります。
    ゲルや日乾し煉瓦の家、土楼などなど、世界中のさまざまな地域から選ばれています。
    どんな家かの説明文のほかに、豆知識のコラムがあったり、
    巻末には世界地図と建物が対応していたり、充実した内容。
    その地域の気候や暮らしなども想像できて、異文化体験ができます。
    息子にはこんな絵本を読んで、
    外国のことなどを感じ取ってほしいなあ。
    私も読んでいて楽しかったです。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物を見てみたい!

    娘が自分で選んで図書館から借りてきました。

    世界の様々な地域の、様々な立地条件、人々の知恵、文化のもと作られた家について知ることのできる絵本です。絵はペーパークラフトになっていて、そこまで写実的とは言えませんが、家の形状や様子は十分わかります。

    アメリカのログハウス、スペインの洞窟住居、イタリアのヴェネツィア式邸宅、中国の福建土楼、モンゴルのゲル、キャンピングカーまで、ほんとうに色んな住居が紹介されています。

    「洞窟住居の村で育った子供たちは小さい頃他の人たちもみんな洞窟に住んでいると思っている」とか、「ヨーロッパのハーフティンバー様式で建てられたタウンハウスではかつて、家の主は一階の敷地の広さ分の税金を支払わされたため、上の階を一階の壁からはみ出して建てた」とか「ンデベレ族の女性は、戦争中にも壁の模様を使って密かに他の人と連絡を取り合うことができた」など、面白いまめ知識も書かれています。

    小学校低学年には難しい言葉もたくさん出てきますが、娘は興味津々で、私自身も興味深く読み進めました。親子で絵を見ながら会話が弾んだのもとても良かったです。世界には本当に色々な家があるのですね。実際に見に行ってみたいです。

    掲載日:2015/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペーパークラフトで展開☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    世界の家を紹介する絵本です。
    様式や材料などの知識、
    それにその建築物がペーパークラフトで作られています。
    その出来栄えに細部まで見てしまい、
    その実際を思い浮かべたり、通常の写真よりも印象深いものとなっています。

    私自身、クラフト手芸が好きです、
    印刷し平面になった段階で、かなり魅力が下がるように思います。
    ぜひ実物のペーパークラフトを目にしたい、
    そんな思いがどうしても出てきてしまいますね。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    図書館で6歳長女が見つけて借りました。読んでもう感動!世界の家ってこんなにいろいろあるんだーとびっくりしました。とても詳しく建築様式、どんな国で見られるかなどもかいてあり、とっても勉強にもなりました。ちなみに、長女はギリシャの家がいいようです(笑)面白いのでおすすめです!

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてき!

    遠い国のどこかに本当にある家!
    その土地、その気候に合うように、それぞれ工夫がなされていて、へ〜っ、ほ〜っ、の連続でした!

    これはいいねぇ、これはちょっとやだな、そんな感じで、娘との会話もはずみました!
    アメリカとヨーロッパ中心なので、他の地域の続編があればいいのになって思いました。

    絵がとっても素敵で、壁に飾りたいくらいです。
    他にも、建築様式、材料、場所、時期、豆知識も掲載されていて、大人も満足できる一冊だと思います♪

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な建物

    世界には不思議な建物がいっぱいあるのですね。
    あまり住みやすそうには見えないのですが、その土地や気候にあった生活の知恵なのでしょうね。
    みごとなはり絵が、立体感を出していて、本当に人々が生活しているように見えるのが、素晴らしいと思いました。

    掲載日:2013/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちばん住んでみたいのは『シャーレ』です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    世界に興味のある人、建物に興味のある人にはぜひとも見てほしい1冊です。

    ペーパークラフトを使って描かれているこの本の中の建物の絵は、立体感が半端有りません。
    有名どころの世界の建物というより、多分作者の個人的な好みで選ばれているここに紹介されている『家々』には、しっかりと建物についての解説がついていて、勉強になるうえに説明がわかりやすくとても面白かったです。

    個人的に一番住んでみたい(住み心地を体験してみたい)家は、
    スイスなどの雪国に立っている『シャーレ』と呼ばれるタイプの家です。
    実に実用的で、楽しい作りになっていました。
    最後に紹介されているツリーハウスは、どこの国の子どもたちにも夢の家ではないでしょうか?
    私も子どもだったら一度は住みたい。佐藤さとるさんの絵本「おおきなきがほしい」を読んだときには住んでみたくてドキドキした経験があります。

    また、最後から二番目に紹介されているボート型の海上ハウスは、将来の土地不足などに備えて実用化を検討していると、どこかにニュースで聞いたことがあります。
    1つ1つのページが見応えがありました。高学年くらいからのお子さんたちにぜひ、読んでもらいたい1冊です。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!びっくり!

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    今春、新1年の次男も大喜びでしたが、兄ちゃんも食いついてたので
    とりあえず兄ちゃんで登録〜!

    世界の家の絵本とあるだけに、
    「え〜これすごい!」の連続。

    表紙の真っ白な家々だけでも「なんかすごい」と期待な息子たち。
    でも、世界中にあるのはよくみるような家ばっかりじゃないんです。

    表紙の白い家はギリシャの「白い街」と言われる町並みだし、
    オランダでは「浮き家」と呼ばれる近代的な家の下がなぜか海!
    モンゴルの「ゲル」というテントみたいな家。

    家の絵だけでもうわ〜!なのに、それぞれの説明のとことが
    「こんな家に住んでたら〜」で始まるので
    すんなり想像ができてしまいます。

    自分だったら…、もしこんな家だったら…。

    最後のツリーハウスを見て、兄ちゃんがつぶやきました。
    「なるほど、木の上の家をツリーハウスって言うんだ。
    だから『マジックツリーハウス』は木の上に小屋があるんだね」

    はい、ツリーハウスってホントはこんなんですよ兄ちゃん。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット