十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

プレッツェルのはじまり」 みんなの声

プレッツェルのはじまり 作:エリック・カール
訳:アーサー・ビナード
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年02月04日
ISBN:9784033482606
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,813
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なるほど〜!!

    私プレッツエル大好きなのでこの絵本は何か関係があるのかと思って借りてきたのですが・・・そうでした!!おいしいパン職人さんが王様から出された宿題で、その時一生懸命に考えて編み出されたのがプレッツエル!!なるほど〜って思わずうなずいちゃいました。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • あさひが3つ

    ちょうどお土産にプレッツェル型のお菓子をいただいたところに、この絵本を見つけたので、家族中で夢中になって読みました。
    ずっとプレッツェルの形って不思議だなと思っていたので、「あさひが3つさすパン」という表現が素敵だなと思いました。実話だと思ってしまうほど、すんなりと受け入れられました。
    エリックカールのカラフルな絵が、とても楽しい気持ちにさせてくれます。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン好きさんにも

    変わった形のパンだなあ、と思ってはいましたが、由来があったんですね。昔話ではありますが、初めて聞くお話なので新鮮でした。
    エリック・カールの絵は、本当に素敵。特に、プレッツェルを太陽にかざす絵は見入ってしまいました。一気にまわりが明るくなるような絵です。
    読んだ後には、プレッツェルが食べたくなりました。パン好きさんはもちろん、年齢とわず楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドイツ生まれなんですかぁ〜。
    柔らかく焼き上げた大きい種類と、固く焼いた小さい種類があるんですね。
    私は固く焼きしめた小さいプレッツェルの方が、馴染みがあります。
    どこかの国の大統領さんが、NFLをテレビで観戦中に喉に詰まらせたのもこちらかな?
    ドイツでは、柔らかい派が主流なのかな?

    プレッツエルの形の起源については、諸説あるようで、この作品のように罪を犯したパン職人が、罰を免れるため、パンから太陽を一つの角度から3度見ることがでるパンを焼くことになったという説。
    巻末の解説のように、祈りをささげている修道士をかたどったものだとする説。
    もう一つの伝承によると、この3つの穴はキリスト教の三位一体のを象徴という話もあるようです。

    この作品は、エリック・カールさんのおばあちゃんから聞いたプレッツエルの昔話に、カールさんが幼い頃近くに住んでいた腕の良いパン職人のおじさんを登場人物にして、作り上げたものだそうです。

    何といっても、偶然のようなことの流れでプレッツエルができてしまったこのお話は、子どもたちがとっても楽しめるんじゃないかと思います。

    高学年にも読んでみたいな〜って思いました。

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったのか!プレッツェル

    私はパンが大好きですし
    プレッツェルも買ったことがあります。
    作っているところも見ましたが
    あのプレッツェルの
    お話があるなんて!

    エリック・カール作
    「はらぺこあおむし」の作家さん。

    いろんなことが私に頭の中で
    結びつきました。
    おとぎばなし、むかしばなし、童話
    どの雰囲気も感じられます。
    初めて読んだのに
    どこかなつかしく
    読み終えて、物語が心に残った作品でした。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドイツに伝わるの昔話らしいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    日本人にはあまりなじみのないパンですが、西洋ではおなじみの親しみのあるパンなのでしょうね〜。
    そもそも〈プレッツェル〉って、普通のパンと違って発酵させてからすぐオーブンに入れるんじゃなくて、一回水の中に浸からせるんだと、素人の私は初めて知りました。
    エリック・カールらしい、明るくてカラフルな絵柄で、楽しく読み進めました。
    後書きに〈作者からの言葉〉が載っていて、このお話はもともとエリック・カールのおばあちゃんから聞いたドイツの昔話(言い伝えでしょうか?)がもとになっているんですって。

    実にドイツらしいお話だなと思いました。
    なんだかこの作品を読むと、手作りのパン屋さんに行って、〈プレッツェル〉を食べてみたくなります。

    掲載日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもあたたかいものがたり

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子2歳

    大好きなエリックカールの絵本!
    読んだことがない絵本で、しかもプレッツェルが題材とあって、
    7歳の息子のために図書館から借りてきました。

    プレッツェルは、近くにあるショッピングモールにあるので、
    息子にもお馴染みのお菓子です。

    そのプレッツェルが、どうやって作られるようになったのか。
    読み終わった息子が実話と信じてしまうほど、
    見事なストーリーでした。

    登場してくる王様と王女様も、
    厳しい命令をするわりにとっても人間らしい優しさに溢れ、
    エリックカールの絵本、本当に最高!

    今2歳の下の子が大きくなったら、
    また一緒に読みたい一冊です。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 朝日が三つさしてくる、最高においしいパン

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    『Walter the Baker』が原題。
    『プレッツェルのはじまり』と訳出したアーサー・ビナードさんに拍手!です。
    『はらぺこあおむし』のエリック・カールさんによる、いつもの軽妙なコラージュ作品。
    ドイツ育ちのエリック・カールさんが、祖母から伝え聞いたお話、
    ドイツの菓子、プレッツェルの誕生エピソードです。
    王室ご用達のパン職人ウォルターは、ある日パン生地材料の牛乳をこぼしてしまい、
    牛乳無しのパンを焼いて、国王夫妻の怒りを買います。
    許しを得る条件は、朝日が三つさしてくる、最高においしいパンを発明すること。
    試行錯誤の末の、びっくりするような展開です。
    なるほど、だから独特の結び目のような形なのですね。
    少し硬めの食感も納得です。
    プレッツェル命名のくだりは、名訳だと思います。
    小学校のおはなし会で読みました。
    やはりお菓子のお話なので、みんな興味津々でした。
    この形のプレッツェル、見たことがあるような気もするのですが、
    今度、探してみようと思います。

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • エリック・カール はらぺこあおむしなど たくさんの絵本作家

    彼はアメリカニューヨークに生まれ ドイツで育った。  おじさんがパン屋さんでパンの仕事を見学させてもらっていたんですね
    この絵本 プレッツエルの由来が分かります

    評判のパンやのウォルターは美味しいロールパンをお城の王様と女王様に届けていましたが・・・
    ある日 ネコが牛乳をこぼして、仕方なく水でこねてロールパンを作るのですが・・・女王様に見破られて、この国から出て行けと言われるのです(なかなか厳しいですが、王様の権威が伺われます)
    かわいそう、ウォルター  王様は自分たちも美味しいパンが食べられないから 内心困るのです
     
    そこで あさひが三つさしてくる パンを明日までに焼けと難題を
    エッ?  こんなことがあるんだ  王様は厳しすぎる!

    ウォルターは  困りますが・・・ひょんなことから この絵本のプレッツエルができあがるのですね

    あ〜 よかった!   あさひが三つさしている パン
    なるほど こういうふうに かざして見るんですね
    美味しそう!!

    よかったね ウォルター   努力の成果ですね!

    王様たちも良かったのでは

    ぶどうのつるみたいな パンの名前「プレッツエル」のいわれもおもしろい

    ラテン語の「腕」後書きもなるほどです
    エリックカールさんよく分かりましたよ(作者の言葉も)

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなお話です

    プレッツェルってなんだろうと思ったら、あの形は見たことがあります。
    不思議な形にこのようないわれがあったのですね。
    エリック・カールのおじさんをモデルにして、焼きあがった思わず食べたくなるようなお話。
    楽しく読みました。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット