ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

こないかな、ロバのとしょかん」 みんなの声

こないかな、ロバのとしょかん 文:モニカ・ブラウン
絵:ジョン・パッラ
訳:斉藤 規
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784406056311
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,956
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 待ち遠しい図書館

    このお話は、村に先生も本もないところにいる女の子が、ある日やってきたロバの移動図書館を心待ちにしているお話でした。いつも自分の持っているたった一冊の本を何回も読んでいたので、移動図書館、特にロバが引いてくるといった変わったもの、を心待ちにしている気持ちがとっても伝わってきて、見ているこっちも待ち遠しくなりました。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当に実在する図書館のお話なのですね!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    ロバが本を運んでやってくる移動図書館だなんて…!過疎地にやってくる車に食べ物を乗せた移動販売車みたいな感じでしょうか。この本を読んだ後は、誰もが図書館で普通に本を借りられる事のありがたさを再認識するでしょう。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「コロンビア」のロバの図書館員の話。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    これは「コロンビア」のロバの図書館のおはなしです。
    最近急に山村だとか、過疎地へ本を運ぶ人の話が絵本になっていて、タイトルも似ているので、読み比べてみていますが、この作品はなかなか感触がいいです。

    ジョン・パッラという人が絵を描いていますが、
    目茶苦茶うまい!というのではないのですが、愛嬌があって見ているとページ全体が楽しいです。

    本を届ける人が主人公ではなく、山あいの小さな村でロバの図書館員のおじさんが、本を届けてくれるのを待っている本好きの女の子が主人公でした。
    その少女がどれだけ本を待ち望んでいるか、
    ジョン・パッラの鮮やかで楽しい表現のおかげで、読み手のこちらにも伝わってきました。

    絵本の中の活字も大きめで、読みやすいですし、作者がスペイン系アメリカ人の子どもたちに文化を伝える活動もしているせいか、
    この本ではあえてスペイン語の単語をそのまま使っている部分がいくつかありました。

    本の好きな子、スペインや中南米の言葉に興味のある子にもお薦めしたいです。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運ぶ人あれば、待つ人もあり

    『ろばのとしょかん(ジャネット・ウィンター作、福本友美子訳)』と対になるお話。
    主人公のルイスさんがロバで運んだ図書、運んだ先で子どもたち相手に行った絵本の読み聞かせ。
    それを待っている子どもからみたお話です。
    待っている子どもたちがいればこそ、ルイスさんも励みになったのでしょう。
    本を媒体にした子どもたちとのコミュニケーション。
    図書館職員の私にとって、この二冊は福音書にも近い絵本です。

    掲載日:2013/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロバの図書館

    世界には図書館のある場所ばかりではありません。

    この絵本の中では二頭のロバと一緒に届けられます。

    本は読むだけでいろんな世界を広げてくれますよね。

    アナもロバのとしょかんを心待ちしている女の子の一人です。

    本を待ってくれている人、本を届けたい届けようとする双方の動きがあってこういう地道な活動が続いていくんだろうなと思います。

    巻頭の説明や巻末の作者のことばを読むと、思いを持って本を届けたいという人たちの気持ちがより一層伝わってきました。

    スペイン語の言葉も訳文の中に紹介されています。

    文化って、市井の人のいろんな活動に支えられているんだろうなあと今更ながらに思いました。

    関連本としては『ぼくのブックウーマン』『ラクダの図書館』などです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット