もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

キューピッドとプシケー」 みんなの声

キューピッドとプシケー 作:ウォルター・ペーター
絵:エロール・ル・カイン
訳:柴鉄也
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1990年
ISBN:9784593502554
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幾多の苦難を乗り越えて

    なによりル・カインのち密な絵に魅了されました。
    モノトーンの絵の中に、恋するものと羨むものと、憎しみや嫉妬や憐れみや、様々な情感が埋め込まれています。
    執拗なほどにおどろおどろしい苦難の連続ですが、きっとこのような展開は女性好みなのでしょう。
    恋の成就が、すべての苦悩を払拭してくれます。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなギリシア神話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    このお話はギリシア神話の中でも大好きなお話です。
    絵本があるんだ!と興味を持って読みました。
    白黒の絵なのですが雰囲気があり良かったです。
    お話しともよく合っています。
    どちらかというと大人が好きな絵本かなーと思います。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ギリシア神話。エロール・ル・カインすごっ!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    エロール・ル・カインの絵がめちゃくちゃ素敵でした!
    ギリシア神話を基に、今から100年ほど前にイギリスの作家が書いた物語を絵本にしたものです。
    中学生のころ、ギリシア神話にハマっていくつか読んでいたので、
    このお話は知っていましたが、ギリシア神話をこんなにきれいな絵物語として、また読めるなんて思ってませんでした。

    ヴィーナスに言われた試練の一つで羊の黄金色の毛を持ってくるというシーンがあるのですが、
    その時描かれている羊たちが、めっちゃ怖いです。
    そのくせ、プシケーに救いの手を差し伸べてくれる『田園の神・パン』は髭もじゃの割に表情がとても優しく見るし、『アリ』は拡大されて描かれていますが、クルクルとした姿かたちが可愛らしかったです。
    どのページの絵も見応えがあるのですが、一番気に入ったのはプシケーが冥界で船に乗っているシーン。
    「しゃれこうべ」がたくさん描いてあるし、乗っている船自体も骨でできているようですが、全体の仕上がりがものすごく素敵でした。

    1つの人間の「愚かな愛」の物語ですが、もともとが昔から語られてきたギリシア神話なので、
    神話などに興味があれば小学校の高学年くらいから十分楽しめる作品だと思います。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女神なのに嫉妬深い姑ヴィーナス

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    あまりの美しさのため、女神ヴィーナスの嫉妬を招き、過酷な運命に
    翻弄されるプシケー。
    その美しさに心を奪われ、母ヴィーナスの命令に背き、愛の矢を
    自らの胸に射るキューピッド。

    ローマ・ギリシャ神話を基に書かれた物だそうですが、切ない恋愛小説
    を読んでいる気分でした。

    前半はプシケーの孤高の美しさゆえの苦悩、後半はキューピッドを
    思うあまり、幾度となく過ちを犯す「おばかさん」なかわいい女性を
    堪能し、ひさしぶりに胸キュンを味わいました。

    ル・カインの絵というだけで選んだ作品です。
    モノトーンですが、見開き2ページの婚礼の場面は見ているだけで
    ため息が出そうです。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 画集のような絵本

    CDのジャケ買いのごとく、表紙買いしてしまった絵本です。
    ル・カインの絵は、本当に素敵です。
    東洋的な絵と西洋の物語が、不思議とピッタリきます。
    まるで画集のような絵本!

    エロスとプシケの物語は、昔何かで聞いた事がありましたが、ざっくりとしか覚えていなかったので、今回、改めて知ることが出来、良かったです。
    それにしても、プシケには色々な苦難があるのですね・・・。

    ル・カインの絵本、揃えたいと思います。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっとり☆

    • なぷーさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    ル・カインの絵はとても美しく、ぜひ大人にも読んでもらいたい作品ばかりですが、その中でもおすすめが、これ。
    ギリシア神話を基にした、愛の物語。ちょっと子どもには難しいので、寝かしつけたあと、ママとパパの二人で、ゆっくり一緒に読んでほしいなあ。
    とにかくため息がでるほどきれい。言葉も出ないくらいうっとりと絵本の世界に浸ってしまいます。
    ちなみに、あの、さくらももこさんもル・カインが大好きで、「憧れのまほうつかい」というエッセイを書いています。こちらもおもしろいですよ。
    ぜひ、みなさんもうっとりしてみてください!

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が神秘的で素晴らしい

    エロール・ル・カインのモノトーンの絵が完成され尽くしており素晴らしいです。この絵だけでも価格以上の値打ちはあります!話は名高いエロスとプシケーの話。アフロディテの意外に冷酷で意地悪な面にびっくりです。プシケへの試練は、日本の民話の「姥捨て山」の試練や、まるで芥川龍之介の「その後のスサノオの尊」の婿いじめの試練のようです。
    次々と無理難題を言うんですねぇ。読み聞かせには0歳児には無理があるので、大判の美しい絵を見せながら読み聞かせて上げられる日を待っています。

    掲載日:2006/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / ビロードのうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット