ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

講談社青い鳥文庫 街の赤ずきんたち」 みんなの声

講談社青い鳥文庫 街の赤ずきんたち 著:大石 真
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:1983年02月
ISBN:9784061471115
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「講談社青い鳥文庫 街の赤ずきんたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1970年代のこども観なのでしょうか

    大石氏の作品で
    薦められてリクエストしたのですが
    あれ・・・
    初めから、衝撃的です

    どうも暗い感じ
    私よりちょっと上の世代が子どもの時期なのでは?
    う〜ん・・・
    どう考えても昭和だし
    平成の子どもは読めるか
    ちょっとどうかな・・・
    と、普通なら止める所ですが
    人間ドッグで(^^ゞその合間に
    夢中になって読んでしまいました

    田舎から都会へ引っ越して来て
    友達、先生にも馴染めない
    父母も忙しそう
    そこに、入院している老人の話?
    そして、マンションのエレベーターB2の世界

    なぜ「赤ずきん」なのかは
    表紙の絵でも想像出来たのですが
    この世界との接触あたりから
    自分の「不幸」を不幸とは思えなくなるのです

    『戦争』という経験していない世代に
    伝えたいことが
    また、高度成長期の何か忘れている大事なことを
    伝えたいのかな・・・
    と、考えてしまいました

    児童文学の域を超えた作品のような気がします

    はたして、平成の子は、どんな感想を持つのでしょうか

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット