だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

どうしよう!」 みんなの声

どうしよう! 文:アイリーン・ローゼンタール
絵:マーク・ローゼンタール
訳:なかがわ ちひろ
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年01月31日
ISBN:9784861012471
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい争い?

    小さなぬいぐるみを大事にしている男の子。

    でもペットの犬もそのぬいぐみが、どうやら好き。

    この男の子と犬との間で起こる奪い合い?が

    描かれたお話です。

    犬は黙って、静かに奪います。

    男の子は大きな声を張り上げて、取り返します。

    その繰り返しを見てると、とてもかわいらしかったです。

    一度は落ち着いたかと思われた争いも

    終わることがないんだろうな・・と

    におわせる終わり方でした。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ミュウは手ごわい

    なかがわちひろさんの訳の本も新刊が出たら必ず気にしてみています。

    ぼくのお気に入りはおさるのぬいぐるみのポポ。でも、そのポポはよく姿を消すのです。

    ねこのミュウがぼくにかまってほしいからポポがいなくなるのか?
    ミュウもぼくと同じことをしたいのか?

    その辺は読んで想像するだけですが、読んだ限りではミュウは手ごわいし、ミュウの方が一枚上手という感じがしました。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • お気に入りのぬいぐるみは、一種の精神安定剤。
    そばにあるだけで、勇気がわいてくるのです。

    だから、いなくなったらとっても困る。
    「どうしよう!」なのです。

    とっても大切なぬいぐるみ。
    取り合うライバルが、ネコちゃんっていうところが、たまらない♪

    娘も、ぬいぐるみが大好き。
    男の子の気持ちに共感するのか、じぶんでセリフを言いたがりました。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしよう!のタイトルの顔がひそうでどんな展開のおはなしかな? 
    朝おきると じけんが おきていた
    展開が興味をそそるのが うまい!

    ぼくのお気に入りの ポポ おさるのぬいぐるみが大好き
    いなかったら どうしよう!

    ねこのミュウがじっと見ていてくわえて持って行くところ ミュウもポポがお気に入り 
    取り合いがおもしろいんです

    子どもらしい 取り合いですが あるある こういう気持ち分かります

    子ども心をぐっと捕らえた作品ですね
    ああ よかった みつかって。

    ラストがまた 笑えるところです
    この後の展開を想像するとまた おもしろいです

    読んであげたい絵本です!

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなかわいい!

    表紙はさるのぬいぐるみポポが大好きな男の子。いつでもどこでも一緒です。でもある朝起きたら、ポポがいなくて「どうしよう!」となります。
    実は一緒に住んでいるネコのミュウも、ポポのことが大好きで、ポポはミュウが連れて行ってしまったようです。男の子とミュウとのポポ争奪戦がはじまります。
    男の子の、ちょっとのんびりとしたところが可愛いです。黙々とポポをねらうミュウもまた、つかみどころがなくてかわいい。男の子も、ネコのミュウも、ぬいぐるみのポポも、みんなかわいいです。
    一緒に読んだ4歳の息子は、「うしろにポポいるよ!」と一生懸命男の子に教えてあげようとしていました。そんな息子もかわいいです(笑)

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポポより、猫のミュウが可愛かった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    なかがわちひろさんの邦訳絵本です。
    バックはすべてクリーム色、登場人物や背景は柔らかい茶色の優しい
    線で描かれています。

    主人公の男の子と飼い猫のミュウが、大事なサルのぬいぐるみの「ポポ」を取り合うお話で、その攻防戦が見ていて楽しかったです。

    おうちで犬や猫を飼っているお宅だと、よりリアルに物語を感じることができるかもしれません。
    二人が大好きなサルのポポより、猫のミュウの方が断然可愛いです。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事なぬいぐるみ

    男の子の大事なおさるのカワイイぬいぐるみがいつもどこかに行ってしまって、男の子はそれを一生懸命に探していました。うちの子は男の子のその姿を見て「猫が持って行っているよ〜!」とか、「あっち、あっち!」とか教えてあげて楽しんでいました。

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりあい??

    ぼくと、ぬいぐるみのポポとねこのミュウの話。

    ぼくはポポが大好きだけど、そのポポをミュウが持って行っちゃう。
    そのたびにミュウをおこるけど、やっぱり持って行っちゃう。

    単に、ぼくとミュウがポポの取り合いをしてるだけなのか、ミュウはぼくにかまってほしくてポポを持って行っちゃうのかはわからないけど、やりとりがなんとも微笑ましく思えます。
    絵もシンプルでかわいいです。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット