だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ペトラ」 みんなの声

ペトラ 作:マリア・二ルソン・トーレ
訳:ヘレンハルメ美穂
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年03月02日
ISBN:9784861012501
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい子には旅をさせろ

    このお話はヒョウのペトラの体の一つの斑点が外へ旅に行って帰ってくるお話でした。ペトラはなぜ外なんかに行きたいのか、その気持ちが全く理解できなかったのですが、斑点が戻ってきてくれたときは、外の様子を知りたがっていました。かわいい子、改め斑点には旅をさせろですね!!

    掲載日:2015/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • きゅんとしました

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    この絵本は、ペトラとペトラの大事な大事なブチのお話。

    ペトラは、う〜ん、ヒョウなのかな。
    ブチが体中にあります。

    ある日、大事なひとつのブチが体からなくなった!

    ペトラはその大事なブチの願いを叶えてあげます。

    最後の1節が素敵です。
     ずっと いっしょに いたかったら、
     いきたいところに いかせて あげて。
     きっと もどって くれるから
     それが ほんとうの だいすきってこと。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子に限って

    そんな〜まさかの家出。
    おかしな展開が親離れした
    母と子のメッセージのようで
    楽しいのです。
    ぺトラは1000個のブチを
    つけた?ヒョウだけど、
    ある朝ブチが家を出ていきます。
    まだ、雪が積もっているのに・・・
    でも、特別なブチだと気がつく
    ぺトラは、すばらしい素敵なお母さん
    のようでもあり、恋人のようにも見えます。

    冬を楽しむ北欧らしい家具や小物
    にも興味惹かれます。
    わくわくほのぼの絵本です。
    子離れできない友人にプレゼントしようかな・・・

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれなコーヒーカップ

    ペトラの体にあるたくさんのブチのうちの一つが、突然飛び出します。ペトラはテープでくっつけたりして無理矢理に戻そうとするのですが、やっぱり逃げ出してしまいます。他のブチとはちょっと違うみたいです。
    「ずっといっしょにいたかったら、いきたいところにいかせてあげて。きっともどってくれるから」というセリフに、ドキッとしました。子育ての極意を教えてもらっているようでした。
    描かれているベッドカバーやカーテンなど、北欧調のテキスタイルがオシャレで素敵です。特にペトラがいつも飲んでいるコーヒーカップ。ぜひこんなカップが欲しいです。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ミリーのすてきなぼうし / もっかい!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット