雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

ポンテのはる」 みんなの声

ポンテのはる 文:オスターグレン 晴子
絵:エヴァ・エリクソン
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2013年03月
評価スコア 4
評価ランキング 19,442
みんなの声 総数 3
「ポンテのはる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 季節のにおい

    息子お気に入りのポンテ。
    今回は「とんとんとん」の音が始まり。
    聞いて嗅いで見て…五感で季節を感じとっている
    表情豊かなポンテの姿が可愛らしい。

    息子はカラスが飛んでいってしまった時の
    ポンテの表情がお気に入りです。
    「悪い顔してる〜!」とケラケラ笑っていました。
    文章も長くないので繰り返し楽しめます。
    シリーズで季節を味わうのも良いですね。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくりと

    ゆっくりと近づく春の様子が描かれています。
    ポンテという犬がくんくんと匂いで感じて探す春です。
    目で見るだけでなく匂いで感じる春。
    人間の私達も下の方や鼻、触覚、いろんな体の個所を使って
    春探しの旅にでかけたくなります。
    春が待ち遠しいですね。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おや?

    「おや?」
    おとの主を探して、耳を澄ます。
    においの主を探して、鼻を利かせる。
    「あれ?」
    と、思ったものに手を伸ばす。

    興味のむくまま、五感をフル活用。
    赤ちゃんにも似たこの動き、
    大人になるに従い、次第に薄れてきていると感じます。

    時には時間を気にせず、周りを見渡してみよう・・・。
    焦る気持ちをリセットしてくれるお話です。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット