ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

つるのおんがえし」 みんなの声

つるのおんがえし 作:鶴見正夫
絵:若菜珪
出版社:チャイルド本社
本体価格:\581+税
発行日:2001年02月
ISBN:9784805422496
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「つるのおんがえし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 嘉六のその後

    「鶴の恩返し」は老夫婦バージョンと、若者バージョンがありますが、母子暮らしバージョンはあったでしょうか。
    嘉六という若者が助けた鶴。
    鶴を捕まえた男から、お金を払って鶴を助けてあげるところは『うらしまたろう』のようです。
    この『つるのおんがえし』では、鶴が飛んで行ってしまった後のお話しもあります。
    つるが住むというのは「はごろものしま」。
    なんだか不思議な『つるのおんがえし』でした。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット