だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

きのこ ふわり胞子の舞」 みんなの声

きのこ ふわり胞子の舞 写真・文:埴 沙萠
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784591125632
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知らなかったー。勉強になりました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    内容は小学生でもまだちょっと難しいような自然科学絵本でしたが、
    きのこの大好きな娘は、
    ざっくりとしたところを理解して、楽しめたようです。

    「あっこの色怪しいよ、絶対毒キノコだよっ」なぁんて、
    本編と外れたところで絵本を堪能していましたが、
    きのこからふわーふわーっと胞子が出てくる様子にはびっくり。
    恥ずかしながら私も始めて知りました。

    ちょっと気持ち悪いねぇ なんて言っちゃったけど
    娘と買い物に行くと、彼女が必ずといっていいほど
    勝手に買い物カゴに入れるきのこたちは、
    こうやって、活動してるんですね。

    巻末にある解説「きのこは、胞子を出す装置にすぎない」という
    お話、私には、目からうろこの事実でした。

    なんていろんなことを知らないままに、
    これまで生きてきたんだろう。
    娘と一緒に読めてとてもよかった一冊でした。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • キノコの種

    この絵本は、きのこの種「胞子」の写真がたくさん載っているお話でした。うちの子はキノコからたくさんの胞子がたくさん出ているのにビックリして、と同時に興味深々。写真がアップで載っていたので子供にも大人にも見やすい物でした。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • しいていうと、きのこの胞子が主人公!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    ポプラ社の写真絵本『ふしぎいっぱい絵本』シリーズの1冊です。
    いろいろなきのこたちが胞子を飛ばす瞬間を写真に収めて見せてくれています。

    直接作品には関係ない話ですが、この本を手にして読んぢる今はちょうど【スギ花粉】が出始めた2月の上旬で、
    きのこたちの胞子の煙(のような、胞子の粉)を見ていると、花粉に見えて鼻がむずむずしてしまいました。
    この本に紹介されているきのこたちを見ると、小さな森の木の形も生きて子孫を残すために頑張っているんだな〜と、感じました。
    特に雨の降っている中でのきのこたちの様子を写した写真は、とても幻想的で素敵でした。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット