ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ふゆ」 みんなの声

ふゆ 作:こうの あおい
出版社:アノニマ・スタジオ アノニマ・スタジオの特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年11月28日
ISBN:9784877587154
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,032
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 静かな絵本

    冬を画面で味わうアートな絵本です。
    そういう本だよって断って
    読み聞かせしました。
    ネームレスのページが多いので
    めくるだけになるのですが、
    足跡が増えるところは
    おお!と見てくれている雰囲気は感じました。
    終わり方がもう少し
    ぎゅっとひねりをきかせてくれていたら
    読み聞かせでもっと使えるかな〜と思うのですが。
    でも、高学年にはこういう本を味わうときが
    あってもいいのではないかと思います。
    アートを味わうというか…。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本というより

    絵本というより、アートな本ですね。雑誌か何かのカットとして使われていそうな図柄がでてきます感覚刺激するような、読みながらそうぞうして楽しむ本だと思います。子供に読ませるというより、大人同士にプレゼントして贈るのにいいかなと思いました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • あしあと

    きれいで、おしゃれな絵本でした。
    素敵なイラストに目がいってしまいますが、文字が少なく、シンプルな展開はちいさな子どもから楽しめそうです。
    読み返しても、やはり、あしあとの場面は楽しくなります。雪がつもるところっていいなあ、と思いました。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節感を子供と味わうために、冬をテーマにした本として購入しました。
    シンプルで色彩も美しくて、本当に何一つ描かれていないまっしろなページもあり、アーティスティックで大人うけする本ですが、子どもも何度も繰り返し読んでいます。
    雪国に住んでいるので、段々雪が積もっていく様子、本当にたくさん積もると視界が真っ白になる様子。動物の足跡が点々とつく様子が実体験と重なります。
    母の私としては
    木々の絵や動物の足跡などの絵がファブリックとして登場したら素敵だな〜と思っています。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪を感じる

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    アートな表紙に惹かれ、手に取りました。
    それもそのはず、スイス在住の日本人デザイナー・イラストレーターの作品でした。
    冬の光景を描いているのですが、紙の白地を生かした描写が素晴らしい、
    と思いました。
    やはり、「いちめんの ゆき たくさんの しろいゆき」のシーンが圧巻でしょう。
    と、ここからは、足跡クイズの様相です。
    そう、雪の上の、生き物たちの気配。
    『ERA INVERNO』が原題。
    イタリア語で、直訳は「冬だった(過去形)」だったそうですが、
    冬の日に見た光景がベースということで、これもまた滋味深いです。
    そう、雪って、こんなイメージ、と、五感が研ぎ澄まされます。
    小学生くらいから、体感してほしいです。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルなテキスタイル

    どのページをとってみても、シンプルなイラストとデザインで、テキスタイルのような風景を描いています。

    単純なシンボルだけで、一つの絵本を作り上げていて、大人としては思わず感心してしまいます。
    子どもにとっても、こうした良質なデザインに触れさせるのは、いいことだなぁと思います。
    たとえば、真っ白い紙に少し線を書きだすだけで雪が積もったように見えたり、ちょっと足跡のハンコを作って押してみたり、など子どもにとってデザインを身近に感じてもらえるような気がします。

    お話自体を楽しむ、というよりは、そういう感覚・感性を養うための絵本だと思います。

    掲載日:2015/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人むけかも

    図書館で冬の絵本コーナーに並んでいたので借りてみました。
    色もイラストもシンプルでとっても洒落た感じです。
    そのまま飾っておきたいくらい!

    モノトーンな色が多く使われているので、
    さすがに子供8カ月は理解できないようでした。
    子供のためより自分のために本棚に入れておきたいような本です。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人へのプレゼントに

    この絵本は、子どものためにというよりは、自分のために購入しました。
    どのページも、オシャレなテキスタイルといった感じで、うっとりと眺めるだけで癒されます。
    冬の凛とした空気がページ全体から感じられて、心洗われます。
    インテリアの一部としてリビングなどに飾ったりするにも素敵だとおもうので、大人の方へのプレゼントにしようかなと思っています。

    掲載日:2014/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 足跡クイズができそうです!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    冬の読み聞かせにお薦めの一冊です。
    導入にも使えます。
    小さなお子さんたちから高齢者の方々にもよいのではないでしょうか?
    森に住んでいる動物たちの足跡がたくさん出てきますので、
    後半は参加型にして、どの足跡がどの動物なのか当ててもらいながら進めても楽しいと思います。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のデザイン画のようなお洒落な絵に惹かれました。なんだか表紙の絵を眺めているだけで、ちょつと涼しくなったようで嬉しくなりました。連続の猛暑に、冬に憧れてしまいます。文字も少しで、その分絵に夢中になれて涼しく感じられて気に入りました。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / やさいのおなか / じゃあじゃあびりびり / もけらもけら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット