もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ガール・イン・レッド」 みんなの声

ガール・イン・レッド 原案・絵:ロベルト・インノチェンティ
文:アーロン・フリッシュ
訳:金原 瑞人
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2013年02月05日
ISBN:9784890139347
評価スコア 3.4
評価ランキング 36,400
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現代の怖〜い童話といってもいい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    たぶん、ベースにあるのは「赤ずきん」です。
    そこから、とても今どきの(この絵から受ける印象は)ニューヨークあたりの大都市の裏町が舞台になっています。
    だから、グリムの「赤ずきん」よりずっとリアルで、ゾッとする怖さがありました。

    主軸の物語も怖いですが、この物語を語っている小さなおおばあさんと、その部屋もよく見るとめちゃくちゃ不気味です。

    邦訳は金原瑞人さんなので、日本語の言葉としてはとても読みやすかったです。
    絵本作品としてのレベルはとても高いものだと思いますが、日本人には絵柄的にちょっと敬遠されるかもしれません。
    アメリカの映画やアニメが好きなお子さんには喜ばれるかもしれません。

    ただ、ひとりの親として、出来たらこの作品は子どもたちにはあまり触れてほしくないです。
    善悪をある程度見極める力が付き、世の中の理を感じることができるような年齢以上の方になら、芸術作品としてお勧めできます。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 現代ならではの 怖さ

     グリム童話の「あかずきん」を下敷きにしたお話です。

     時は現代、場所は大都会の裏町。赤いフード付きコートを着た女の子がおばあさんのお見舞いに行きます。途中には、誘惑や危険がいっぱい!

     話の流れは同じですが、現代ならではの 人の欲望、貧富の差、すさんだ感じが、しっかりと描かれています。怖いです。小さな子どもさんと読む絵本ではないでしょう。また、絵本に可愛さや癒しを求める人もまず手にとらないでしょう。ですが、「絵本」という表現形式を使った一つの作品としての完成度は高いと思いました。細かく描かれた絵をじっくりと見ていくと、見ごたえがあります。

     絵本の出だし、おばあさんの語り口には思わず引き込まれました。「さぁ、これから どんなおはなしが始まる?」「どんな 魔法に出会える?」と。そして、お話の冒頭、女の子が暮らす集合住宅をベランダ側から描いた絵は、そこに住む人々の暮らしぶり、人生が伺われ、どの部屋を取り上げても、また違うお話が始まりそうで、面白く感じました。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ずきんちゃん?!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    6歳の息子と読みました。

    最初は全然気付かなかったけど、
    途中から、
    アレ、どっかで聞いた話、
    もしかして現代版赤ずきんちゃん?!
    と思い始め、

    おばあさんのうちから出てきたオオカミの頭を見て、
    やっぱり!と確信。

    6歳の息子には随分早すぎたようで、
    やっぱり全然気付かず、
    ただあんまり訳の分からない絵本で終わってしまいました。

    現代の物騒な社会を描いた一冊ですが、
    平和に暮らしている小学校一年の息子にはもちろん分かるはずもなく、
    絵本だけれども大人向けの芸術作品といったほうがいいかも知れません。

    途中でけっこうもの恐ろしいシーンが多かったので、
    最後がハッピーエンドで終わった点がとても救われました。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • スゴすぎるアレンジ

    赤ずきんを現代的アレンジするとこうなるのでしょうか?
    危なげな都会の「森」を越えてお婆ちゃんの住む家を訪ねる「赤ずきんちゃん」。
    話にはちょっとついていけなかったのですが、スリリングな絵には取りつかれてしまいました。
    絵の細部まで味わえる絵本でした。


    掲載日:2013/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット