モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

じゃんけんのすきな女の子」 みんなの声

じゃんけんのすきな女の子 作:松岡 享子
絵:大社 玲子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年02月10日
ISBN:9784052036576
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,749
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぐんと成長。

    前回は、娘には早すぎたようなので、4才も後半になって再び読んでみました。今回は十分に楽しめたようです。

    この女の子はじゃんけんに夢中になって、何でもじゃんけんで決めようとします。

    うちの娘も何かにこだわりをもつと、しばらくそればっかりになります。そういう山を幾つも乗り越えて、自分のバランスをとれるようになるのかもしれません。

    女の子は、「じゃんけんで決めていいことと、じゃんけんでは決められないことがある」ことを、夢の中(それとも夢じゃなかった?)で学びます。

    女の子がぐんと成長するのを見せてもらった気がします。

    掲載日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • じlyんけん

    孫は、なぞなぞも大好きですが、じゃんけんも大好きです。ゆっくり、ゆっくりの孫なので、9歳になった今も、じゃんけんは大好きですが、自分が勝ったかはわからないので、そんな孫が愛おしくて可愛いです。とにかくなんでも「じゃんけん」までには、こだわっていなくてよかったとほっとしました!絵も大好きです!

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラ

    なぞなぞのすきな〜の女の子より、親近感が持てる女の子、ストーリーでした。
    まぁ、いつも何でもじゃんけんでっていうのは親は困りますが(笑)
    猫登場からはハラハラしますね、女の子の必死な様子につられました。
    息子は「俺やったら絶対猫に負けへんし」と謎の自信満々発言をしてました。

    掲載日:2016/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 困っちゃう。

    松岡亨子さんと大社玲子さんコンビニよる幼年童話「なぞなぞの好きな女の子」が親子で好きなので,こちらも読んでみました。
    「なぞなぞの好きな女の子」と同じくらいの年頃の「じゃんけんのすきな女の子」,好きなことは日常にも取り入れたい気持ちはよくわかりますが,とにかく何をするにも「じゃんけん」では,親は困っちゃいますね。
    娘がこの子のことを真似して「じゃんけんに勝ったら〜」なんて言い始めたら。。。とちょっと心配になってしまいました(苦笑)。
    個人的には「なぞなぞの好きな女の子」の方が安心して読めました!

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • じゃんけんで決められないこと

    絵本ナビで
    「なぞなぞのすきな女の子」というのを知り、
    同時に
    「じゃんけんのすきな女の子」も
    同じシリーズだと思い、図書館で借りました。

    でもこちらは、2013年なので、
    この2冊にはずいぶん開きがあるんですね。
    新しい割に ちょっとレトロな印象で、
    2冊は並べても違和感がありません。

    なぞなぞで勝負というのはひらめきのようなものを感じますが、
    じゃんけんは3種類の勝ち負けだけ。
    勝てば思い通りに意志がとおる、
    なんでもじゃんけんで決めたいというのは
    無理があります。

    なぞなぞも
    じゃんけんもする機会がめったにない私は、
    この2冊の感想を
    小さい子供さんから聞いてみたい気がします。

    50代後半の私ですが
    可愛い絵本だけでなく
    幼年童話、児童書も読んでみたいと思うキッカケになりました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでもじゃんけん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「なぞなぞのすきな女の子」の姉妹本ということで読んでみました。
    なにをするのにもじゃんけんで決めるという女の子のお話。
    なにか言う度にじゃんけん!と言われてはたしかに親はたいへんですしつかれますね。
    じゃんけんで決めていいことといけないことがあるというのを女の子は今回学びますよ。
    じゃんけんが悪いわけではないのですがね。時と場合によりけりで。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初はちょっとイヤナヤツ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    生意気ざかり8歳の息子と読みました。

    「じゃんけんの好きな女の子」はなんでもかんでもじゃんけん。
    お片づけとかやらないといけないことまでじゃんけん、
    自分の手だけじゃ飽き足らず、
    挙句の果てにはホットケーキとナイフでじゃんけん。

    そんなん勝つに決まってるやん!!

    8歳の息子はブーイング、
    私は私で、「このクソ生意気な子供わっ!!」と
    舌打ち。

    でも、上には上が!
    もっともっとイヤナヤツに会ってしまい、
    女の子は我が身を反省。

    「夢でもみたんじゃないの」という息子の眼に映った、
    しょうじの破れ跡。
    なんだかハッとするような終わりですが、
    最後は女の子がとってもいい子になっていて、
    私もほっとしました。

    長さも難易度も内容も、
    8歳の息子にぴったりの、面白い一冊でした。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校2年生の娘が借りてきました。
    彼女は、なぞなぞのすきな女の子は
    読んだことがないけれど、これには興味を持ったみたいで。
    なぞなぞ〜が出てからずいぶんたってから出た
    姉妹本という情報は知っていましたが、
    手に取ったこともなかったのでした。
    さて、読み始めて思ったことは
    なんと、古い言葉遣い…。
    なぞなぞのすきな女の子が出た時代を意識してのことなのだろう、
    作者もお年寄りだし…とは思いましたが、
    それにしても古典っぽい感じの新刊だなあという
    思いは最後までぬぐえず。
    まあ、だからといって子どもが楽しんでいなかったわけではないです。
    そこそこ、展開もあるし、どうなるか気になる。
    でも、めっちゃ新鮮!とは言いがたい一冊です。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    なぞなぞの好きな女の子、の本を小さな頃よんでいました。
    だからすごく懐かしく感じてしまいます。
    なぞなぞもじゃんけんも、子どもが好きなことですよね。
    何だかわからないけど、子どもって好きなことは
    朝から晩までずっとその世界につかってしまうもの。
    女の子は好きなお話ではないでしょうか。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / とんことり / とけいのほん 1 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット