雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

大きな絵本 じゃんけんぽん」 みんなの声

大きな絵本 じゃんけんぽん 作・絵:せな けいこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\8,500+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784790252160
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「大きな絵本 じゃんけんぽん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 保育参観で子どもたちに読んでいるところを見ました。
    じゃんけんぽんと、じゃんけんをしながら
    テンポよくすすんでいくので、子どもたちは
    楽しそうにしていました。
    大人が聞いているとそんなに深い内容では
    なかったのですが、
    大型絵本というだけで食いつきも
    違うような気がしました。
    大きいってすごいな〜と思った絵本でした。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • この時期ならではで楽しめます!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    今年は関東地方でもよく雪が降ります。
    生まれて初めて雪に触れたお子さんたちもいたかもしれません。
    というわけで、図書館のお話会でこの大型絵本を使ってみました。

    お日様と雲がじゃんけんして、勝った雲が雪をるらせるところからお話は始ますが、あまりストーリー性はなく、要所要所で登場人物たちがじゃんけんを行っていくので、聞き手の幼児たちには楽しかったようです。
    体を乗り出して見てくれれるので思わず、
    「勝ったのどっち?」って聞いたらと、「ゆきだるまー!」とか「うさぎー!」とか叫んでくれました。
    本当は、こういう本は子どもたちに話しかけずに絵本の文章だけを淡々と読むほうがいいのかもしれませんが、
    一生懸命目を見開いてくれている子どもたちを見てたら、即興で参加型にしたな〜と、思ってしまいました。

    この本は普通サイズの絵本の方で前に使ったことはありますが、
    断然大型の方が、子どもたちの好奇心を掻き立ててくれる気がしました。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット