だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

紙芝居 てんぐのはし」 みんなの声

紙芝居 てんぐのはし 作:松居スーザン
絵:渡辺 有一
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784494089390
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「紙芝居 てんぐのはし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タイトルで決めました。

    タイトルに惹かれました。

    天狗が出てくるのなら、豪快で大胆な話かな?と

    ちょっと期待してしまいました。

    天狗の登場は最後のほうだけです。

    あっ、でも一部だけは描かれてるのかな?

    よーく見てないと、これはどの部分かな?なんて

    分かりにくいですけど、天狗の体の一部のようです。

    ねずみの親子とのやりとりがおもしろかったです。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近に感じる天狗さん

    題名で「てんぐ」って言ってるから
    この橋は天狗の鼻?なのかな・・・
    と、想像してしまいます

    が・・・

    橋を渡る動物たちの様子に気をとられてしまう(^^ゞ

    でも、ねずみのチビすけだけは
    どうもこの橋が気になっていたんですね

    どうなるのか心配になるけど
    おおらかな方ですからね
    大丈夫!!

    チビすけも誰も出来ないことが
    出来ちゃって
    うれしかったかもね

    渡辺有一氏の絵が
    雰囲気だしています

    天狗が出てくると「トンチ」の
    イメージですが
    こういうおはなしもあるんですね

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット