マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

ラクダのなみだ」 みんなの声

ラクダのなみだ 作:宮田 修
出版社:情報センター出版局
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年05月
ISBN:9784795808836
評価スコア 4
評価ランキング 21,242
みんなの声 総数 2
「ラクダのなみだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モンゴルの放牧民族と家族のようなラクダの物語です。
    壮大な感じがします。
    ラクダが涙を流すことを知りました。
    母親を亡くしたばかりのハルインゲの涙ではありません。
    悲しみやひもじさのための涙がないのは、まだ泣くことを知らないからでしょうか。
    ハルインゲに乳を与えようと、母親代わりに別のラクダのオトゴンがあてられましたが、決して心を開きません。
    そのオトゴンが馬頭琴の音色で涙を流したというのは、モンゴルを象徴しているのでしょうか?

    掲載日:2015/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラクダの親子

    今、我が家はモンゴルブームです。

    中核をなすのは
    飼われているラクダの親子のお話で
    親を亡くした子ラクダと、子供をなくした親ラクダが
    あたらしい親子となるまでを
    馬頭琴や長唄というキーワードを絡めて描かれています。

    大平原で暮らすモンゴルの人たちの生活がよく見える作品だと思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハロウィンにぴったり☆おばけといっしょにクッキング!?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット