十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ユリシーズ・ムーア 第2期 (2)ユリシーズ・ムーアと雷の使い手 」 みんなの声

ユリシーズ・ムーア 第2期 (2)ユリシーズ・ムーアと雷の使い手 訳・編:金原 瑞人
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年09月28日
ISBN:9784052036316
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • セカンドシリーズ第2巻です!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    作りは児童書になっていますが、大人が読んでもドキドキハラハラ、スリル満点でめちゃめちゃ楽しめます。
    ファーストシリーズの時から謎だらけのユリシーズ・ムーアですが、
    アルゴ邸に越してきた双子のジェイソンとジュリア、友達のリックたちの好奇心と冒険で、少しずつ見えてきました。

    今回のシリーズではベニチアに住んでいるアニータと親友のトミーもこの冒険に乗り出し(巻き込まれるに近いかも…?)ます。
    前回、アニータは本に書かれていた町「キルモア・コーブ」に行きつくことができました。
    この2巻では、アニータ・ジェイソン・リックチームと、トミーの冒険と、ジュリアの探索(冒険)の3つの軸に分かれて物語が進行していきました。

    それはそれで、出し惜しみしながら時間軸が進行していく面白さもあるのですが、《今》読んでいる章で活躍している子どもたちがどうなるのか知りたいのに、すぐ場面展開されてしまう悲しさもありました。

    まだまだ謎だらけですが、「消えゆく村」にも何とかつけたし、ジュリアやネスターは“キルモア・コーヴ”で本屋のカプリソにまつわるなぞに触れつつあるし、面白さは加速していきます。
    まだ2巻を読み終えたばかりですが、はやく続きが読みたいです。

    字は比較的大きく、段落もスペースが空いていて読みやすいです。
    主人公は12,3歳の子どもたちなので、冒険ものが大好きな小学校高学年以上のお子さんたちにぜひ、読んでもらいたい1冊です。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット