庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏の歌」 みんなの声

声に出そう四季の短歌・俳句 2 夏の歌 作:岩越 豊雄
絵:鴨下 潤
出版社:汐文社
本体価格:\2,200+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784811389158
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どうやって使おうかぁ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    子どもたちの多くはただお話を聞くだけよりも、
    一緒に声を出したりできる参加型の作品の方が、反応が大きく楽しんでくれてる感がリアルに伝わってくることが多いです。

    この本の中で取り上げてくれている持統天皇や山上憶良などの短歌や俳句から、明治時代の歌人・俳人のうたも載っていました。

    こういう作品の場合、創作絵本のように隅から隅まで読むには少々長すぎるので、
    この本の中からいくつか選んで復唱してもらうのが一番妥当な紹介の仕方かもしれません。

    この本の中で紹介されている作品の中で、一番気に入ったのは
    「朝顔に釣瓶とられて もらひ(い)水    加賀千代」
    です。
    朝起きて井戸水をくもうとしたら釣瓶に朝顔が絡みついたので、思わず隣の家までもらい水に行くことにした」という意味だそうです。
    なんだかほっこりする歌で、素敵ですよね〜。

    小学校の高学年くらいから、中学生・高校生の皆さんに紹介してみてはいかがでしょうか?

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット