十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あるくおだんごくん」 みんなの声

あるくおだんごくん 作・絵:深見 春夫
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年03
ISBN:9784569685335
評価スコア 4
評価ランキング 18,171
みんなの声 総数 22
「あるくおだんごくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 串団子のあの手

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    お皿の上に残された串団子が、食べられてしまう前にと、遊びに出かけるというおはなし。
    4つの団子それぞれに足がついている造形は、最初は違和感がありましたが、
    じきに慣れてしまいました。
    公園で遊ぶお団子は、子どもたちと仲良くなり、一緒に遊んでいるうちに
    トンネルの中へ。
    すると、そこは、なんと和菓子の仲間たちの国。
    桜餅やおはぎ、どらやきなどなど、お茶も添えられていて、風流ですねえ。
    もちろん、かわいらしい造形で、一緒に遊ぶ次第。
    ところが、やっぱり、大福のおばけがいるわけでして。
    おっと、串団子ならではの「あの手」、さすがです。
    ラストは余韻たっぷりですが、その後どうなったのか、気になります!

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなおだんご!!

    なんと、なんと、おだんごが旅にでます!!
    その設定がおもしろくて、手にとった絵本です。
    実は、娘は、おだんご(もち)が食べられません。
    こんなかわいいおだんごくんがいるなら、おだんごも好きに
    なってくれるのでは・・・、なんて淡い期待も持って読みました。
    お話はとってもおもしろいです♪
    娘のおだんご嫌いはなおりませんが、楽しんでくれたようで、
    よかったです♪

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • これでおだんご好きに!?

    • ちびつねさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    上の子が3歳か4歳のときに、保育園から借りてきました。
    ものすごく気に入って、その後、何度も保育園から借りてきたり、図書館で借りたりしています。
    アイスよりもおだんごが好きな上の子ですが、この本を読んでおだんご好きになったのか、おだんご好きだったので、この本が気に入ったのか、今となってはよくわかりません。
    おだんごたちの絵もとってもかわいいし、背景の色合い(特に野原とか)がきれいなので、私も気に入っています。
    すでに絶版なのか、どこでも購入できないようなのが残念です。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に遊んだ気分

    4〜5歳児に読みました
    おだんごが歩くなんておもしろい!
    それは子供も同じで「わぁ〜おだんごがあるいてる〜」とやや興奮気味にお話がスタートしました
    公園ではすべり台のお団子の動きが楽しそうで、子供たちも目がキラキラ
    そしてトンネルを抜けると・・・・
    だいふくの出現には子供も驚き!
    そのやっつけ方は大人でも笑っちゃいます
    見ている子供たちもおだんごと一緒に遊んだ気分になったようでした
    読み聞かせにはお勧めです

    掲載日:2012/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お団子の国

    トンネルを抜けるとお団子のくにに行けちゃうなんて、子供にとっても夢のあるお話だな〜って思いました!!子供もお団子たちいっぱいの世界を見て、「かわいい〜」とか「いってみた〜い」って言って喜んでいたのがかわいかったです。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい絵本

    図書館で借りてきて、2歳の娘と読みました。

    内容は、おだんごが公園に遊びに行くお話しです。
    うちの娘は、おだんごが滑り台を転がり落ちてくる場面がヒットだったようで、ケラケラ笑っていました。
    おだんごが歩いている姿が、どうも私にはイモムシに見えてしまうのですが、子供には「かわいい♪」と好評でした。

    ちょっといじわるな大福も、すぐ優しくなって仲良くなるので
    小さい子でも安心しながら読める本だと思いました。

    特に感動するような内容ではありませんが、
    気楽に子供と楽しめる本だと思います(^^)♪

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 和菓子の世界があるんだ・・・

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。おだんごが食べられる前に外の世界を知りたいと街へ飛び出したおだんごくんたち。子供に発見され、トンネルに入っていくと、そこは和菓子の世界?他の和菓子たちもいますが、しっかり力関係もあって、結構楽じゃない。でも、そんな世界だけではなく、人間の世界に戻って・・・。

    およげたいやきくんをおだんごにしたようなお話ですね。なんだか、食べられる前に!というのが笑えちゃいます。意思も希望もおだんごでさえもっているのですから。息子も和菓子が大好きなので、もぐもぐ食べまくっていました。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 串のおだんごたちは、もうすぐ食べられるのがいやだったんですね

    串団子が 歩道橋を渡っているのが おもしろい!
    滑り台したり こどもと鬼ごっこしたり、はじめはびっくりしてたけれども・・・トンネル抜けると小さくなっていて 和菓子たちのオンパレード あっ! 湯飲みもあった。

    みんなであそんで 楽しそうなこと
    だいふくおばけ(まめだいふくかな?)

    おてだまが上手な だいふくおばけに感心で〜す!

    こどもたちも 楽しんだね!  

    おだんごさん これから旅に出るんだけど どこで誰に出会うかな?
    誰かに食べられるかもね?

    おもしろいお話でした 小さな子供も喜びそうですね!

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あとからついてってみよう!

    私が大好きな深見春夫さんシリーズ☆
    おだんごくんカワイイです!!
    表紙のおだんごくんと目があったら、手に取らずにはいられません。
    食べ物に顔がつくと なんでこんなに可愛いんでしょう?
    公園に遊びにきたおだんごと子どもたちの交流を描いています。

    ただ、以前に読んだ「そらとぶパン」と内容的には
    あまり変わらないな…。という感じはしました。
    パンの国がだんごの国になった感じです。

    2歳の娘のお気に入りシーンは、
    トンネルに入っていくおだんごをの後を
    子どもたちがついていくところです。
    『何かが起こりそう』って雰囲気が好きなのかな?

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 団子

    愛らしい主人公を描いた表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。場面の中から主人公を探す喜びを感じられるのが良いと思いました。とことこと少しづつ動く主人公が可愛らしかったです。自分一人では難しい事は率先して人の力を借りて行動するのが良いと思いました。特に滑り台の滑り方がユニークで印象に残りました。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おたすけこびと / でんせつの きょだいあんまんを はこべ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット